2007年03月03日

「くだらない」考

色川武大の「寄席放浪記」が河出文庫に入ったので読んでいたら、(初代)柳家権太樓の芸風に触れて(「袴が似合った権太樓」)、「理屈といっても、固いことをいうのではなくて、与太郎風の理屈であり、どうでもいいことを重箱の隅をつつくように独特の奇妙な理屈をつけていく。(中略)そこがおかしい。また実にくだらない。」という一文に続けて、次のように書いている。続きを読む
posted by aokiosamublog at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍/読書