1986年10月22日

80年代日記(映画)

・映画
岡本喜八『若い娘たち』(1958)、『ジャズ大名』(1986)、『ああ爆弾』(1964)(於大井町武蔵野館)※大井町武蔵野館での日本のミュージカル特集を見に行ったと記憶する。『若い娘たち』『ああ爆弾』について「(敗戦直後の)暗い時代から抜け出せた頃の作品で、悪夢を忘れようとする傾向が強い為か、観ていて本當に楽しめる」と思ったようだ。そのため『ジャズ大名』については「今ひとつ迫力に欠けている」と書いている。

※『ああ爆弾』については、

傑作だ。ミュージカルに狂言を使用したりする発想はすごい。銀行での殆ど無意味なミュージカルシーンもおかしかった。「十円足りないだけで残業せねばならない」というだけの内容であのシーンを撮ってしまっている。

とも書いてるな。よほど印象に残ったのだろう。ちなみにこの一年くらいあとに、友人の映画製作を手伝ったが、それは友人のご尊父の謡を使ったミュージカル作品だった。
posted by aokiosamublog at 23:00| 80年代日記