1986年11月04日

80年代日記(音楽/ライブ)

・音楽/ライブ
Neville Brothers(於渋谷Live Inn)※Dr. Johnでニューオリンズ音楽を初体験してから二年めである。まだNeville Brothersのレコードも聴いていなかったように思うが、

期待以上に良かった。ニューオリンズのR&Bにレゲエとソウルバラードとカリプソを混ぜた感じ。ニューオリンズのリズムは腰に来る。僕の体内の何処にあれだけの汗があったのかと思う程踊り狂った。途中倒れそうになった。音楽であれだけ気分が変わったのは久し振りだ。

と興奮している。

※このライブを見に行く前に、当時惚れてた女がいた武蔵野美術大学の学園祭に遊びに行き、ライブ後電話をしたら「学校のみんなが家に遊び来ているのであなたも来たら?」と誘ってもらえたのだが、このライブの感想を音楽好きの友達(I下)としたくて、結局その友達の自由が丘の家に泊まりに行くほうを取った。今考えたらもったいないことをしたと思う。

※関係ないが、Van Dyke Parksの1〜3枚めの再発が決まった、と書いてある。このときはまだ『Jump!』しか聴いてなかったか。
posted by aokiosamublog at 23:00| 80年代日記