2005年05月11日

禁戯 かがり淫法帳

睦月影郎(廣済堂文庫)。

目に付いた時代小説を片っ端から読み漁るのが最近の愉しみなのだが、これは時代小説というより、ポルノであった(読み始めてから気が付いたが、シリーズ物で、すでに先に三冊刊行されていた)。それもかなりストレートなポルノなので、どちらかというと変態に慣れ親しんだわたしにとしては(小説や映画に関して、ですがね)、却ってどきどきさせられた。それに、男の性の情けなさがよく描かれていて、笑える。昼飯喰いながら読んでいて、頬がゆるんで困ったりした。

#余談ですが、ポルノを読みながら食事をすると、食事が進みません。これを応用して、ポルノ・ダイエットを提唱したら流行るだろうか。だめだろうなあ。

また、昼食後にこの本を持ってエレベーターに乗ったら、偶々一緒になった仕事場の韓国人の女の子に「青木さんはなにを読んでいるんですか?」と尋かれて、やはり非常に困った。

まあ、武士の時代にしかあり得ない人間関係を性的興奮と笑いにうまくつなげているあたり、決して新奇な趣向はないが、この手の小説としてはかなりきちんと作られていて、それなりに面白くはあった。

「淫法帳」ということろが、山田風太郎ファンとしてはそそられたんだが、その点については、星ひとつ半、かな? それなりに馬鹿ではあるけれど、奇想度は低し。
posted by aokiosamublog at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍/読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187464252

この記事へのトラックバック