2006年02月13日

トロピカリズモ・アルヘンティーノ

セルジオ・メンデスの新譜「timeless」を買うついでに試聴して一緒に買って帰ったアルゼンチン音響派のオムニバス「Tropicalismo Argentino」だが、はまりそうである。ああ忙しい。しかし日本のミュージシャンとそんなに深い仲になっていたのや、カブサッキという人がロバート・フリップの弟子だというのも知らなかった。勉強させていただきました。

音響派とはいうものの、リリアナ・エレーロやマリア・エバ・アルビストゥールなどの歌ものも素晴らしい。
posted by aokiosamublog at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(レコード/CD/DVD)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187464284

この記事へのトラックバック