2006年03月27日

イーオン・フラックス/ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!

久々の映画館はしご。「イーオン・フラックス」(カリン・クサマ監督)は、先に残念だったところだけ挙げておくと、まず見た目も含めた世界観の構築がこの手の映画にあり勝ちな範疇に収まってしまっていたことと、独裁者兄弟が服装以外(つまり顔)普通のいい人みたいな感じだったことか。

前者については、MTVのアニメから生まれた実写映画というところでもうちょっと外した感じを期待していたのだったが、あと一歩で「マトリックス」門下の優等生、みたいな印象であった。後者については、ほんと普通の兄ちゃんがコスプレしているみたいにしか見えず、近未来の特殊な状況下にある世界を統治している人たちには思えなかった。

あとついでにいえば、ラストシーンは動物がわーっと出てくると面白かったなー。詳しく書くとこれから観る人には興醒めになるだろうから、なんか説得力のない言い方しかできないが、実際に観るとご賛同いただける方もいるのではないかと思う。

まあでも、そうだったらもっとよかったな、ということで、全体的には面白かったでした。シャーリーズ・セロンやソフィー・オコネドー(「ホテル・ルワンダ」など)のアクションは笑いどころも含んだカッコよさがけっこう満載で、私的には尻映画の傑作として高く評価したい。

#尻映画とは、キャサリン・ゼタ・ジョーンズの「エントラップメント」とかアンジェリーナ・ジョリーの「トゥーム・レイダー」のような、美人女優の尻が専ら印象に残る映画のこと。最近尻の話題が続くなー。

−−−
「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」は、ニック・パークに加え、シリーズ作「ペンギンに気をつけろ!」「危機一髪!」でアニメーターを勤めたスティーブ・ボックスが共同で監督。またアードマン作品としては、「チキンラン」(ニック・パーク監督)に続くドリームワークスとの共同製作である。なんとなくちょっとアメリカンな感じがしたのは、まあ、ドリームワークス参加という先入観の所為だろう。

ウォレスの発明のバカバカしい可笑しさという設定部分の面白さはすでに知ってしまっているのでそれほど大笑い、でもなかったが(もちろんシリーズ未見ならかなり笑えるはず)、小ネタの数、切れ味、間のよさは相変わらずで、期待通りの楽しさであった。「ヴェジタリアン・ホラー」というテーマ、満月の夜に変身するのが×××(一応伏せとく)というモチーフも可笑しい。

あと本作ではクレイ・アニメーションだけでなくCGも結構使われていて、それだけ聞くと「CG使ったらどうにでもできるじゃん」と思い勝ちだが、実際に観てみるとあまり気にならなかった。というか、CGのシーンはその絵しかない、というはまり方だった。よかった。
posted by aokiosamublog at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187464300

この記事へのトラックバック