2006年07月15日

ヘンリー・バトラー(大手町コットンクラブにて)

土曜日、夕方、神田みますやで丸煮を軽くやっつけてから、ぶらぶら歩いて大手町コットンクラブへ。 ヘンリー・バトラーというニューオーリーンズ出身の盲目のピアニストのライブ。ニューオーリーンズスタイルのピアノには目がないし*、昨日ブルーノートからDMが来てて開いたらこのライブに2,000円ほど安く入れてくれるというので、名前も知らなかったアーティストながら、取り敢えず行ってみた。

で、細かいことは省くが、行ってよかった。オーソドックスなニューオーリンズスタイルの中にとんでもない高度なオブリガードを挟み込んで、それが破綻が微塵もなく、ピアノだけで自然に身体が動いてくるグルーブを生んでいる。最後の曲が終わったとき、思わずスタンディング・オベーションした(立ったの私だけだったが)。

アンコールのブルージーな深みのある「You are my sunshine」では、かつて岡惚れした女のことを思い出して、とつぜん涙が溢れ出た。この曲で泣くのは初めてだ。帰りに聴いていたiPodで、偶然サラ・ギャザレックの歌う「You are my sunshine」が流れて、こちらもウキウキした気分にはしてくれるものの、涙が流れるというパフォーマンスではない。なんだったんだろう、あの「You are my sunshine」。

*ヘンリー・バトラーに触れて「ニューオーリーンズスタイルのピアノには目がない」と書いて、ゆくりなくも、亡き友人に学生時分に初めて会ったとき、そいつが「僕はソウルミュージックが大好きなんですよ」といってそうかソウル好きか俺もだよと思った瞬間に、続けて「特にスティーヴィー・ワンダーには目がないんですよ」といったのを思い出した。なんというか、お主できるな、と強く思ったものだ。
posted by aokiosamublog at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(ライブ)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187464329

この記事へのトラックバック