2006年08月27日

WORLD BEAT 2006

呼び屋(って差別語?)のプランクトン主催のイベント。日比谷野音にて、出演は渋さ知らズオーケストラ、Rovo、そしてアフリカはコンゴからマワング・ミンギエディ率いるKonono No.1。渋さ知らズも含め、全部観るのはじめてのバンドである。開場直後の午後3時過ぎに日比谷公園に着いて、ビールでも仕入れておこうとしていると、すでに開場からは大音量の演奏が聴こえる。あれはなんだと係員に尋ねると、渋さ知らズのサウンド・チェックだという。とりあえずビールとお好み焼きを抱えて中に入ってみると、いきなり音がでかくて圧倒される。トロンボーン2人、トランペット1人、サックス6人(だったかな? もっといたような)、ドラムが3人にパーカッションが2人、ギターが2人、ベースが1人、コーラスが1人、バイオリンが1人ほか。

オフィシャルページ見たらこの日のメンバー載ってたので、コピー&ペーストしておきます。片山広明/佐藤帆/泉邦広/川口義之/小森慶子/立花秀輝/鈴木新/鬼頭哲/吉田隆一/北陽一郎 or 佐藤帆/辰巳光英/ 高橋保行(仮)/室舘彩/関根真理/松/つの犬/磯辺潤/ヒゴヒロシ/ファンティル/齋藤良一/大塚寛之/太田恵資/岡村太/渡部真一/小山なおこ/さやか/ペロ/東洋/ちえ/しも/たかこ/不破大輔

で、サウンド・チェック終了とともにビール一本干したので、会場内の売店でお代わりを求めているとなにやらざわめき、客席のほうを見ると、ホーンセクションの何人かが客席で演奏を始め、加えて白塗り(ひとりはグレー塗り)ほぼ全裸(女二人はトップレス)の前衛ダンサー4人がクネクネ踊りを始めていた。慌てて席に戻り、前衛舞踏を眺めながらバンドの登場を待つ。と、間もなく一曲め、片山広明をフィーチャーした「マーシー・マーシー・マーシー」が始まる。そして前衛舞踏に加えて、セクシー・ダンサー2人も登場し、MCがねじり鉢巻に法被に赤ふんどしの、何故か漁師に見える男だったりして、ステージはなんとも不思議な絵になる。

そっから先は曲名知らないが、約1時間、これぞ狂熱といった演奏で、たいそう興奮した。演奏技術的に上手いことはもちろん上手いが、音のでかさ、迫力というものが音楽にとってどういう按配で必要なのかがよくわかった気がした(鬼頭哲も参加しているし、もうジョイントしてるかもしれないが、東京中低域と共演するとさらにすごくて面白いかもと思った)。

楽曲的にはこれはザッパだと思ったが、どうだろう。また観たいなあ。疲れるから年に一回くらいでいいが。

Rovoは、ポイントがよくわからなくて、寝てしまいました。すみません。

意外に少人数だったのがKonono No.1。パーカッションが3人(スネア+シンバル、名前わからないがコンゴの太鼓、カウベル)とリケンベ(親指で鍵を弾いて旋律を奏でる楽器。ムビラなどのちょっと大きいやつ)が3人。ときどき現れては去っていくダンサーが3人。もちろんリケンベは電気増幅されて、めちゃくちゃ気持ちよく歪んでいる。ボーカルも時に歪む。

拾い物だというボロいスピーカー(丸い拡声器型)と、「CE SOIR AVEC L'ORCHESTRE FOLKLORIQUE KONONO NO.1 DE MINGEIDI LA TORNEE JAPON」(綴り間違ってるかも)と書かれた手作りの看板が微笑ましくもカッコよい。

演奏はパーカッションのアンサンブルに、ファズ・リケンベの単旋律3本が絡み合って独特のグルーブを生んでいく、という感じで、曲はどこが切れ目かわからず1時間半ほどのステージで「曲が終わった」とわかったのは1ヶ所のみ。

しかし、だからか、野音を包み込むかのように幾筋もの渦が渦巻いたようで、前に押しかける奴、一番後ろでステージを観ずに跳ね回る奴、階段を昇り降りする奴、なんだかよくわからないがひたすら呑む奴、大の字になって寝る奴など、会場内は大変なことになっていた。面白い。

まあでも、フランス語のMCに混じってたどたどしい日本語で「タッテクダサイ」「オドリマショウ」と繰り返し言われると、そうせざるを得ないというのもある。しかし日本でのライブははじめてのはずだし、日本人がそんなに親しんでいる音楽ではないはずだが、それだけ日本人のどこかに触れる何かを持った音楽なのだろうか。それとも日本人のほうがもう何でもよいという状況になっているのか。私も自然と、そこそこ踊り狂ったのだが。



アンコールは3バンドの共演。これはこれで面白かったが、Konono No.1は実はリケンベと打楽器だけのアンサンブルのほうが面白いのでは。渋さ知らズのホーンが入ると、全体にただやかましいだけだった気が、あとで考えるとした。

さてKonono No.1、東京は次は9/5(火)渋谷クラブクアトロ。聴いてなんだか理解する前に渦に巻き込まれるような珍しい心地よさを味わえるし、次いつ来るかわからないし、ぜひ観に行くことをお薦めしたい。
posted by aokiosamublog at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(ライブ)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187464337

この記事へのトラックバック