2006年12月25日

上野鈴本・お笑い師走会(24、25日)

24日(日)、有馬記念外した腹いせに、三遊亭天どんと三遊亭白鳥を見物に行く(外したのはホントだが腹いせはウソ)。天どんは、クリスマスに泥棒が、忍び込んだ家の父親に“なりすます”のを、二人組みの刑事が見逃す、という地口落ちの人情?噺だが、天どんが演るとなんだかよくわからなくて可笑しい。相変わらず変な芸風だなあ(円丈の弟子)。まだ二つ目のようだが、密かに注目しているひとり。

白鳥はクリスマスイブに相応しい噺、とまくらを振って「死神」。一応クリスマスバージョンということで、人間の寿命を司るろうそくが全部消えたあと(普通はこの辺で落ち)、死神の秘密を人間に教えてしまった死神が責任を取ってキリストに転生、と展開するのだが、その取ってつけたような展開が面白かった。

あとほかに、桃月庵白酒「宗論」が、スピード感とか笑いの爆発力のバランスがよくて(決して爆笑という感じではないのだが)、面白かったかなあ。

以下、他の出演者と演目。

三遊亭歌すみ「道灌」
仙三郎社中 曲芸
古今亭菊之丞「紙入れ」
大瀬うたじ・ゆめじ 漫才
橘家文左衛門「千早ぶる」
太田家元九郎 津軽三味線
花島世津子 奇術

=====
25日も、仕事早仕舞いして、律儀に前座からきっちりと。

天どんは昨日と同じネタ。特に練れたという感じもなく、テンションも同じ感じ。手抜きでもなさそうだし、つかめないなあ、この人。

喬太郎は有馬記念直後ということで、貧乏な競馬騎手と元バレリーナの若い夫婦を描いた「純情日記中山編」。人情噺に寄り過ぎないところがよかった。満足。

白鳥は「牛丼晴れ舞台」。町の牛丼専門店(チェーン店でない)の伝説の牛丼職人が新しい弟子に牛丼作りの極意を教える、という噺だが(粗筋だけ書くとつまんない噺みたいですみません)、弟子が牛丼の鍋の中に顔を沈められると、玉葱と牛肉の会話から牛丼作りの極意を得る、というところがバカバカしくてよい。作詞作曲も自分で手掛けたという挿入歌は、自身のホームページによれば、「CD化されるまで歌う」とのことだが、歌は下手だったなー。

以下、他の出演者と演目。

春風亭一左 「初天神」
花島世津子 奇術
五明楼玉の輔 「宗論」
#やはりクリスマスだからか、昨日の白酒に引き続き。こちらは昨日の「世界エホバ教会スンニ派」みたいなノリではなくてほぼ古典通りと思ったが、下げに細川ふみえを出してきたのは面白かった。まあ今時細川ふみえというのも古いけど。
林家二楽 紙切り
#OHP(笑)を使用。ちゃんと比べたわけではないが、正楽など他の紙切りと少し作風が違うような気がした。そろそろ勇気?を出して、ちゃんとリクエストして切ってもらうようにしようかなー。
柳家紫文 三味線漫談
#はじめて観たが、ちょっと苦み走ったいい男風の風貌、つま弾く三味線の粋さ加減からは予想もつかない、実にいい感じにくだらない漫談だった。ファンになる。
橘家文左衛門 「のめる」
ロケット団 漫才
posted by aokiosamublog at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語/演芸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187464353

この記事へのトラックバック