2007年05月27日

浅草演芸ホール五月下席昼の部

なんか久々の寄席。まあ、下記出演者と演目のとおり寄席的日常という感じだが、個人的にはすごい久し振りに丈二(元小田原丈)見られたのがうれしい。この人と天どんは、なんか妙に好きである。

で、この日の高座は、前座からトリまで、全体的に笑いのテンションが常にある程度の張りを保っている感じだったので、だれることなくトリの圓丈まで楽しむ。

途中圓菊の「風呂敷」が、これはネタとしてではなくほんとに話がループ?と心配になる場面もあったが、そんなはらはらさせられるよじれ具合も芸の内なのだろうか。しかし晩年の春風亭柳昇や最近の入船亭扇橋のような、お年寄りのヨイヨイ具合を無邪気に笑えるといった感じとは少し違うんだよなあ。

圓丈「悲しみは埼玉に向けて」は、中途半端な都心(足立区、北千住)や中途半端な田舎(埼玉)を笑うというのも笑いのネタとしてはもう十分に古いわけだが、話の構成の仕方(19時43分発〜という区切りを入れる間)や、各エピソードの立て方がうまいので、聴いてて古いなあ、という印象は全然ない。しかし足立区や埼玉をバカにする、というようなネタでこれだけ笑わせてくれるのは、やはりすごいな。敢えて難しいネタに挑戦しているのか(ちょっと穿ってみました)。

−−−
という具合にビール呑みながら一日ゲラゲラ笑ってたら、あぶく銭が転がり込む幸運に見舞われた(ダービーで馬連獲った)。この週一週間酒を呑まず自炊して精進節制してたお陰だろうか。いや先々週の京都で呑み過ぎたので身体を休めてただけだが。

とりあえず、会場で会った友達と煮込みと蕎麦で呑んで奢ってささやかに幸運をお裾分けして、別れてから浅草寺でいつもより多めに賽銭上げて、ヨーロー堂もJPCも店仕舞いしていたのでそれ以上無駄遣いせず、タクシーで帰ると鞄なくすので(ネタにしてすみません)、地道に電車で無事に帰る。

よい一日だった。以下この日の演目。

−−−

柳家小んぶ・・・・・小町
三遊亭たん丈・・・・親子のつんぼ、つんぼの川渡りの小咄ふたつに八九升
三遊亭亜郎・・・・・まんじゅうこわい
三遊亭丈二・・・・・レンタルヒデオ
ホンキートンク・・・漫才(モッズスーツは並木仕立てか?)
古今亭ちよりん・・・桃太郎
桂才賀・・・・・・・漫談
ひびきわたる・・・・キセル漫談
林家鉄平・・・・・・代書屋
柳亭小燕枝・・・・・権助提灯
柳家小菊・・・・・・俗曲
川柳川柳・・・・・・ガーコン
柳家さん喬・・・・・子ほめ
翁家和楽社中・・・・太神楽
古今亭志ん五・・・・浮世床
古今亭圓菊・・・・・風呂敷
(仲入り)
三遊亭天どん・・・・合併家族
すず風にゃん子金魚・漫才
柳亭市馬・・・・・・道具屋
鈴々舎馬風・・・・・漫談
ぺぺ桜井・・・・・・ギター漫談
三遊亭圓丈・・・・・悲しみは埼玉に向けて
posted by aokiosamublog at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語/演芸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187464391

この記事へのトラックバック