2007年08月04日

夜通し走り続けて

遠野に来た。いや、途中で都合4時間は寝たから、夜通し走り続けて、はウソか。でも今日一日でおよそ600Kmは走ったから、これくらいのカッコつけは大目に見てもらいたい。小さく狭いクルマの中で快適にぐっすり寝られる体勢を発見したのは、今回の旅の収穫(?)。

で、とりあえずまずは常堅寺のカッパ狛犬(写真左)、カッパ淵(写真中)、カッパ神(お乳の神様という役どころ)の祠(写真右)などを見物。まあこれは、写真をご覧になった通りの物件。結構見物客で賑わっていた。

そのあと「遠野物語」でもお馴染みの早池峰(はやちね)の入り口少し(早池峰神社とその少し先)まで行ってみたが、雨降ってた所為もあって、瀬織津姫命様ごめんなさいという雰囲気に満ち溢れていた(意味わかんねー)。早池峰神社に山の神を祀る石碑があったので、ご挨拶して退散(この辺の写真はあとでまたアップするかもしれない)。

明日は花巻温泉近くの鉛温泉寄ってから秋田に出る予定なので、遠野は今日半日しか回れなかったが、今度はここだけターゲットにゆっくり来てみたい。

まあでも、宿に着いてから「遠野物語」を数編つまみ読みしてみたが、臨場感は半日回っただけでも増していたので、これもそれなりの収穫と喜ぼう。

あ、あと遠野では福泉寺にて、先代の住職が昭和20年から20年間かけて彫ったという(正確には材料の調達に7年、彫りに13年だそう)日本最大、総尺17mの一木彫り十一面観音像を拝見したが、これについては、実際に見たことがある人と感想を交わしてみたい。どなたかいますかね。
posted by aokiosamublog at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187464401

この記事へのトラックバック