2007年12月15日

WEEKEND SHUFFLE

元シンバルズ土岐麻子の、カバー曲のみのアルバム。いや、去年(ちょうど一年前くらい)に出たアルバムなので、今話題にするのもなんだが、なんかのきっかけで、つい最近注文したのだと思う。なんのきっかけかは忘れたが、昨日部屋に積んだままのHMVの箱を開けたら出てきた次第だが、いや、これが素晴らしかった。

1曲めの「君に胸キュン」とか、まあ世代的にジャストだということもあるけれど、アレンジも演奏も歌も、見事にツボにはまった(この曲のアレンジはクリヤ・マコトという人。あと鶴谷智生のドラムが気持ちよい)。

「Down Town」「夢で逢えたら」「土曜日の恋人」などの日本の名曲(ケツメイシの「夏の思い出」のカバーがまたよい)と、「Take Me Out To The Ballgame」「September」など海外の名曲、いずれのカバーワークも、コーラス/ヴォイシングのアレンジが印象的(もちろん曲によってその強弱はあるけれど)で、なんというか、元曲の「意味」すら変えてしまいそうな危うさも感じさせられるのが、却って心地よい。

「夢で逢えたら」の「あなたに逢えるまで」がなぜか「らなたに逢えるまで」と聴こえるのが可愛かったりもして、今日一日で、仕事しながら15〜6回聴いたかな。一聴していきなりこんなヘビー・ローテーションになったのは、今年だといしだあゆみの「アワー・コネクション」くらいだ(なぜいしだあゆみ)。

シンバルズも好きだったものの、あまり聴いてはいなかったが、とりあえず土岐麻子全部聴いてみたくて、全作品注文してみた。こんなことになるのならば(一部の人にしかわからないと思いますが)もっと「MOZZ」に通っておけばよかった。

あ、そういえばディレクションとマネージメントのクレジットに、(先日ムードメイカーズでもギターを弾いていた)小倉君の名前があった。いい仕事しているなあ。
posted by aokiosamublog at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(レコード/CD/DVD)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187464412

この記事へのトラックバック