2007年12月26日

ふるあめりかに袖はぬらさじ

歌舞伎座十二月大歌舞伎夜の部。有吉佐和子作。今月は多分行く時間ないなーと思ってたので、前売りも買ってなかったが、千秋楽に幕見でも飛び込んどいてよかった。

杉村春子版を観ていないのをちょっと悔やんでいたが、最初に観たのが歌舞伎でよかったかな、と観終わった今は思っている。全員男が演じたほうが、戯曲の主題とパフォーマンスに適度な距離ができるからかな、と思ったが、どうでしょう(>杉村版とか藤山直美版観たことある人)。

お藤=玉三郎の芝居や、米国人イルウス(彌十郎)と唐人口遊女マリア(福助)との絡み、イルウスと通辞藤吉(獅童)と岩亀楼亭主(勘三郎)の絡みなど笑いどころが多い割には、そんなに笑っていいのかなーという微妙な張りが持続していた芝居のように感じて気持ちの置きように少し困ったりもしたが、玉三郎のお藤が、終盤、亀遊の自害にまつわる講釈が破綻したあと、その真相をぼそっとつぶやくところで、いきなりぐっと感情を持っていかれる。そして幕見席までスタンディングオベーション。千秋楽だったからというのもあるが、いい芝居だったことも間違いない。

七之助の亀遊がはかなげで色っぽくて、個人的には期待通り。すぐ死んじゃうけど。あとは(一部上述のとおり)岩亀楼亭主が勘三郎、通辞藤吉が獅童、唐人口遊女が福助に笑也等、思誠塾の門下生が三津五郎や橋之助等、海老蔵も浪人のちょい役で出てたりしてるし、年の瀬かつ歌舞伎座初演だけあって、豪華な一座総出演。やはり観といてよかった。
posted by aokiosamublog at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎/演劇
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187464413

この記事へのトラックバック