2008年01月28日

日曜はダメよ

昨日に引き続き、古い映画シリーズ。底抜けに明るい映画だが、昨日の「酒とバラの日々」と(表裏で)通ずるところがある気もするし、なんとなく「時計仕掛けのオレンジ」を思い出したりもするところは不思議。ジュールス・ダッシン扮するインテリ崩れヤンキーのホーマー(って名前もよい)が、最後の最後に酒場で皆に溶け込むところは涙が出るし、その直後のシーンで船で去っていくところはなんだか可笑しい。

もちろん、メリナ・メルクーリのイリヤは最高である。

勢いでついでに続けて「鴛鴦歌合戦」も観てしまったが、これはこれで意外に馴染む二本立てであった。
posted by aokiosamublog at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(ビデオ/DVD)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187464426

この記事へのトラックバック