2008年02月28日

ミーハーながら

エイミー・ワインハウス(「Back to Black」)を聴いてみたが、今のところまだピンと来ない声質や歌唱法に合わせて、楽曲、アレンジ、音響に古色を施したような感じで、そういうアプローチ自体は好きなんだがなあ。たとえば(傾向は違うが)マデリン・ペルーを聴いてすぐに「もらった!」と思ったような感じが、なぜかしない。

却って現代風な(といってもハウスっぽい)アレンジの曲のほうが面白かったりするのだがな。ただ、それはそれで「すごい」というわけでもないし。

なんか、レゲエやスカも取り入れているが、なぜか「Monkey Man」をもっさりやってたりして、全体にもったいない人なのではないかと思った。プロデューサーが悪いのか?

まあでも、確かに、60年代モータウン風アプローチで「(アル中の)リハビリに行くのはいやなの。ノーノーノー」と明るく唄う「Rehab」は結構面白い。

あと、「Ain't No Mountain High Enough」をかなり大胆にリサイクルした「Tears Dry On Thier Own」という曲は、(そのリサイクル具合が)筒美京平の仕事ではないかと思われるほどの見事さではあった。

声は割と好きだし、もう少し聴いてみたら感想変わるかもしらん。
posted by aokiosamublog at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(レコード/CD/DVD)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187464440

この記事へのトラックバック