2008年05月01日

塚本功/長見順

下北沢leteにて。20人くらいしか入らない狭い店で、共にギター一本のパフォーマンス。最後に共演。長見順はいいなあ。くるりの岸田繁が「こんな人と呑みあかしてつぶれたい」とどこかにコメントしていたのを読んだが、まさにそんな感じの人、歌、音楽であった。

やはりどこかのコメントで女スヌークスみたいに書かれていたのは書いた人の勇み足と思ったが(どちらかというと、塚本功のほうにスヌークス・イーグリンの匂いがした)、別にスヌークス云々はどうでもいいやと思うくらいに素晴らしかったな。

CDだと、歌い方の部分で矢野顕子のフォロワーみたいなイメージもあったのだが、ライブはそんな感じもせず、真の酔っ払い女がいい感じにブルースを弾き語っている感じ。ギター一本でもバンドでもいいから、またライブ聴きたい。楽器編成とアレンジに凝っているCDもよいが、やはりライブがいいなあ、この人。ライブで聴く「サラリーマンの歌」など、なんだか愛に溢れていて、涙が出た。

01 パパさん
02 温泉にゆこう
03 加藤さんのテーマ
04 夏に生まれた夏子さん
05 サラリーマンのうた

---

塚本功は、よくわからないで聴いてたが、ピラニアンズ、ネタンダーズ、Asa-Chang&ブルーハッツの人ではないか。聴きながら思い出した。ネタンダーズのファーストの名曲(明け方の駅前)なども演ってたのが嬉しい(これは共演時だが)。この人も素晴らしいギタリスト。

01 Take the "A" Train
02 Bull's Stomp
03 (メモ判読できず)
04 Moo Moo Song
05 (曲名失念。西部劇のテーマ)
06 Pipeline
07 Caravan
08 All Together Alone

---

ふたりのセッションは、初対面かつまったく打ち合わせなしだったそうで、なかなかスリリングな展開の中、長見順が八代亜紀の「舟歌」(「超スローブルース」に収録)を演ってそれに塚本功がなんだかよくわからないまま着いて行くというところが面白かった。ブルースだ。

※括弧内は、それぞれの曲のリーダー
01 日本人のベッシー(長見)
02 明け方の駅前(塚本。ネタンダーズの名曲)
03 舟歌(長見)
04 (曲名失念。ロックンロールといっていたか?)(塚本)

アンコール
05 ツキのない夜(長見)
06 あの基地(塚本) ※「雨の日の国道バンド」という幻の名バンドの名曲

あまりに楽しかったので、終演後落ち合った友人とトラブル・ピーチで呑んで撃沈。
posted by aokiosamublog at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(ライブ)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187464469

この記事へのトラックバック