2008年05月28日

浅草演芸ホール五月下席昼席

平日昼席というのに、団体さん二組(うち一組は修学旅行)と小団体が数組で、異様な混み具合と落ち着きのなさ。ただ、そんな風景を、正岡容が震災前の寄席風景を描いた「昼席」(「随筆寄席風俗」所収)の風情心情を通して眺めてみると、なにやら奇妙な面白さは感じる。それをネタにして、次の「ぱなし」の「寄席手引」を書いてみようと思っているのだが、どうなることやら。

小円歌姐さんの代演でロケット団が出た所為で、漫才三組というのも意外に珍しいが、その所為でかなり勢いのある笑いで盛り上がっていた。

その分?、落語はコレ、という感じがなかったかな。それぞれ面白くはあったんだけど。

隅田川馬石は初めて観たが(多分)、石坂浩二の劇団出身で五街道雲助の弟子との由。

以下、この日の演目。

昭和のいるこいる・・・漫才
柳家さん喬・・・・・・子ほめ
古今亭志ん駒・・・・・いつもの身の上話
ダーク広和・・・・・・奇術
柳家市馬・・・・・・・藪医者
古今亭圓菊・・・・・・風呂敷
(仲入り)
隅田川馬石・・・・・・強情灸
あしたひろし順子・・・漫才
古今亭志ん橋・・・・・出来心(「二階羊羹」まで)
鈴々舍馬風・・・・・・漫談
ロケット団・・・・・・漫才
古今亭志ん五・・・・・宿屋の富
posted by aokiosamublog at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語/演芸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187464477

この記事へのトラックバック