2008年07月16日

Van Dyke Parksの新譜が

出るらしい(8月12日発売)。びっくり。「Tokyo Rose」が1989年、ブライアン・ウィルソンとの共作「Orange Crate Art」が1995年。その後1998年にライブ盤の「Moonlighting:Live at the Ash Grove」も出ているが、いずれにせよ、10年以上振りの新作ということになる(サントラは除く)。

で、この新譜「An Invitation」では、Little FeatのLowell Georgeの娘、Inara Georgeが全編歌を歌っていて、InaraのホームページやMy SpaceのInaraのページで何曲か聴けるのだが(「Overture」「Oh My Love」「Duet」の三曲)、これがなかなか素晴らしい。Van Dyke Parksならではのポップス向けオーケストレーションの妙味が深化していて、一聴してかなりぐらぐらと心を揺さぶられる。

http://www.inarageorge.com/
http://www.myspace.com/inarageorge

CDはいうまでもなく早速予約注文したが、いや、これはInara連れて来日してくれないと、今年の下半期、私は不機嫌になってしまいそうである。

来ないかなー。来ればやはり10年ぶりだったか。1999年のSweet Basil以来かな(これ見逃しているけど)。
posted by aokiosamublog at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(レコード/CD/DVD)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187464489

この記事へのトラックバック