2008年09月29日

九月総括

いや別に総括しなくてもいいのだが、個別に書く気力が今月は結局起きず、かといって書いとかないと忘れるので、だーっと行ってみましょう。-ライブ
ジルベルト・ジル、狂ったオヤジーズ、ウーゴ・ファトルーソ&ヤヒロ・トモヒロ、寺分和之/吉田啓二/加藤崇之(ジャズギター三人のセッション)、カレイロ

-読書
「俺勝新太郎」、「月亭可朝のナニワ博打八景」、「圓生の録音室」、「刑務所良品」、「紅無威おとめ組 南総里見白珠伝」
(以下再読)殿山泰司の持ってるの全部、ナンシー関の持ってるの全部、「現代落語論」、ほか

あと辻惟雄「日本美術の歴史」を読み始めたが、縄文時代から書いてある本でようやく弥生時代。先は長い。

-CD、レコード
トム・ウェイツ(6枚)、ランディ・ニューマン(4枚)、レナード・コーエン(7枚)、「贋作と捏造」ほかナイロン100%関連、「ショナ族のムビラ」、ジルベルト・ジル(2枚)、ウーゴ&ヤヒロ、ジェニファー・ウォーンズ、ジャズ・アナログ(6枚。高田馬場の「マイルストーン」でうっかり買う)、歌舞伎/常磐津等SP(23枚)など。全体に後ろ向きか。

-映画
劇場はなし
DVDは小津「早春」。殿山泰司の「三文役者あなあきい伝」を読んだのがきっかけだが、殿山泰司は「押し売りの役で出てた」と書いているが、それは実は「お早よう」の誤り。観始めてから思い出した。あ、若いころの岸恵子は可愛いなあと思っていたら、翌日の「テレフォンショッキング」が岸恵子だった。
その他。

-美術
小河朋治展(外苑前ギャラリー・オリエ)。

-歌舞伎、観劇、寄席落語はなし

-仕事
Webでの連載が一本決まる。仕込みがちょっと大変そうか。

-その他
昔参加していたバンド(ギルモア・ファー・イースト)が復活の模様。
あと一週間で4人も旧友に会い、もう自分は死んでしまうのではないかと思った。

そんな9月。10月はもう少し遊びたいなあ。ちょっと仕事が立て込みそうだけれども。
posted by aokiosamublog at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(ビデオ/DVD)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187464496

この記事へのトラックバック