2008年11月21日

Booker T. & The MG's in Blue Note Tokyo

いやいやいやいや、あー、もう。あまりに楽し過ぎて、却って書くことがないな。敢えて書こうとすると、昨夜のライブの話ではなく、Booker T. & The MG's全体の話になってしまう。

そんな人たちのライブ(MG'sとしては初来日!)を観られたのは、やはり幸せであった。特に「Hang 'Em High」の「ダ・・ダ・・ダ・|・・ダ・・ダ・・」のところが、もう可笑しくて可笑しくて身体がぐいぐい動いてしまうのは、ライブならではであった。

それと、「Green Onion」は音源よりテンポが速くてカッコよかったな。

忌野清志郎も、初日に続きゲスト参加。「In The Midnight Hour」をちゃんと、「Soul Man」を独自の感じで唄う。初日に出たと聞いていたので、まさか二日めもとは思わなかった。ということは、毎日出るのかな?

あ、ひとつだけ、ドラムのスティーブ・ポッツはアル・ジャクソンの親戚とのことだが、なんというか、すごい善良な感じのドラム・プレイだった。多分観た人でないとイメージしにくいと思うが、そう思ったことは忘れたくないので、備忘として書いておく。

以下のセットリストは、「SOUL SEARCHIN' DIARY」(http://www.soulsearchin.com/soul-diary/little_diary.cgi)から流用。左記にあったのは初日のセットリストで(昨日昼間に見たのと変わっているので、修正したようだ)、昨夜に関しては03〜04の記憶がちょっと怪しいが(酔ってたしね)、まあ多分合ってると思う。

01 Mo Greens
02 Melting Pot
03 Booker Loo
04 Soul Dressing
05 Soul Limbo
06 Summertime
07 Hip Hug-Her
08 Green Onion
09 Hang 'Em High
10 In The Midnight Hour
11 Soul Man
12 Time Is Tight
アンコール
Double Or Nothing
posted by aokiosamublog at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(ライブ)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187464503

この記事へのトラックバック