2008年12月23日

Speak of the Devil DJANGOV

劇団S.W.A.T!第38回公演。下北沢「劇」小劇場にて、12/23に観劇。シリーズとしては三作目だが、観るのははじめて。とはいえ、誰もが知っている「悪魔との契約」というモチーフを軸に、時に快く飛躍するストーリーは、シリーズ他の作品を知らなくても十分着いていける(他の作品を観ているとより楽しめるポイントもいくつか設けられているそうだが)。

ストーリーを分解して眺めると、ものすごい新味に溢れているというわけではないと思うが(それが安心して楽しめる所以なのだろうが)、台詞や演出がときに奔流や渦となっていくところが、この劇団の持ち味だろうか。それに身を任せるように舞台を眺めていると、様々に笑ったりほろりとさせられたり、いろいろに心を動かされていくのが面白い。

ミュージカルシーンの味付けについては、個人的には好みではないが、観終わったあとはそれほど気にはならなかった。好き嫌いよりも、作品全体の面白さが勝ったということだろう。

一点、終盤での、それまでの芝居をぶち壊すような展開は、個人的には面白かったが、前後の場面と比べてちょっとおいしいところを持って行き過ぎか。微妙なところ。いや、大変面白かったし、あとで考えれば本筋の芝居もちゃんと記憶に残っているので、問題はないと思うのだが、観ている最中ちょっと気になったので、一応記しておく。

あと、前回の公演(http://www.aokiosamu.jp/blog/2008/07/37last_scene.html)のときも感じた「マカロニほうれん荘」の影響(いや、におい、くらいか)は、今回も“一人が始めたギャグが周囲を巻き込んで、話がそれに影響されて展開する”みたいなところに感じた。その辺、年代的にもちょっと懐かしみを感じる作品であった。

りょーさんおつかれさまでした。

#これから観る友人もいるので、ストーリー等明記していない部分が多いが、大変面白いことは(多分)間違いないと思うので、時間ある方はぜひ(12/28まで)。ただし、完売以外の回も、残席少数の模様。

http://www.swat-net.com/
posted by aokiosamublog at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎/演劇
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187464507

この記事へのトラックバック