2009年02月10日

P渋谷毅 Gt潮先郁男 Gt中牟礼貞則  Voさがゆき

新宿「Jazzあ・うん」にて。18を渋谷毅とのデュオで唄い終えたとき、自分たちの作り出した音楽のあまりの美しさに思わず目頭を熱くしたかに見えたさがゆきが、とつぜん「渋谷毅なんか大っきらい」と呟いたのが印象的なライブだった。

アルバム「We'll Meet Again」のメンバー+中牟礼貞則というライブで、中牟礼貞則のギターも素晴らしかったが、潮先郁男は人間国宝にすべきではとすら思った。このお歳ならではの枯れ具合と、枯れていつつやはりこのお歳だからこそ出せるドライブ感という点で、演奏スタイルこそ違え、ジョアン・ジルベルトを思い起こさせる(お歳が近い所為もあるだろうけど)。個人的には、15の、特に間奏部分の美しさにしびれた。

渋谷+潮先+中牟礼で200歳超というベテラン揃いなのと、結構みなさん酒を進めながらの演奏だったので、曲が進むにつれてみんな休みたがるのが、なんだか微笑ましくも可笑しい(なので、終盤はデュオ曲が多かった)。

そのベテランたちをうまく乗せつつ、その上にさらに自分の歌唱を花開かせていくさがゆきのステージングも素晴らしいと思った。この4人が揃うチャンスはもちろん、どんな組み合わせでも、できるだけ体験したいと希望する。

というこんな貴重な演奏を、聴衆20人でこぼこのアットホームな場で堪能することができた。最近、なんか贅沢しているなー。帰り際に唄い手からチョコレート、店からリンゴまでいただいたし。ありがとうございました。

#あまりに楽しかった所為か、素面なのにうっかりチャージ等払い忘れて店を出る。気付いて慌てて取って返したら、ちょうど同行の友人が支払いを済ませてくれたところだった。

以下、今日のセットリスト(註のない曲は、すべて4人での演奏)。

01 Dream a Little Dream of Me
02 In the Wee Small Hours of the Morning
03 Guilty
04 Just You Just Me
05 A Ghost of a Chance
06 Boy Next Door
07 Indian Summer
08 Somewhere Along the Way
09 Can't Help Loving that Man
(休憩)
10 Stuffy
11 Street of Dreams
12 I Love You
13 Nevertheless
14 For All We Know
15 Mona Liza(潮先+さが)
16 This Love of Mine(潮先+さが)
17 Let Me Call You Sweet Heart(渋谷+さが)
18 Stardust(渋谷+さが)
19 My Romance(中牟礼+さが)
20 Crazy She Calls Me
enc
21 Alice Blue Gown(潮先+中牟礼+さが)
posted by aokiosamublog at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(ライブ)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187464513

この記事へのトラックバック