2009年02月25日

Giulietta Machine

中目黒・楽屋にて。メンバーは、江藤直子(p、key、voほか)、大津真(gほか)、西村雄介(b)、藤井信雄(ds)。うっかりしているうちに、ライブに伺うのは約一年振りだった。曲目的には、お馴染みの曲に、カバーでジョアン・ドナートの「A RÃ」。あと、ライブでは初演だという、1stアルバムからの「Fah」。二曲とも、嬉しい演奏(「A RÃ」は、月曜の小川美潮の際に続き、せっかくなので大津真のコーラスも聴きたかった)。

で、一年振りに拝聴した印象としては、なんというか、ライブ・バンドとしての一体感や膨らみが、ずいぶんと増していたように感じた。

元々、バンドと聴き手、個々の演奏者と聴き手、演奏者同士それぞれに、他のバンドなどにはない独特の距離感があるように思っていたのだが、その距離感が明確になってきたのかもしれない。あるいは、私(聴き手)の問題として、今回はその距離感を自分なりにつかめたというのもあるかもしれない。

しかし、やはり、たとえばベースソロやドラムソロ、あるいはフリージャズのような個々がぶつかり合うような、個々が暴れるような場面から、一気にぐっとまとまって引き締まるような流れの心地よさは、以前よりかなり強くなっていたと思う(特に第一部の11曲めと、第二部の3曲めと7曲め)。

とにかく、難しいことを抜きにして、単純に「バンドだ!」という心地よさを強く感じた次第だが、その上で今後は5月に新譜リリース、その流れで歌のゲストを迎えたライブを立て続けにやるという試みがあるとの由、とても期待すべき展開であるように思う。

あー、なんかちゃんと感想書こうと思ったら、偉そうで中途半端な批評みたくなってしまったすみません。お詫びついでに、新譜とライブ展開の宣伝の意味で、バンドのホームページURLを掲載↓

http://www.o2-m.com/g-machine/

あ、あと、江藤直子が演奏とアレンジで参加(音楽監督?は大友良英)したNHKのドラマスペシャル「白州次郎」が今週末放送との由。これも楽しみだ。

http://www.nhk.or.jp/drama/shirasujirou/index.html
posted by aokiosamublog at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(ライブ)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187464519

この記事へのトラックバック