2009年03月27日

por quilo

西荻窪アケタの店にて。渋谷毅(p)、さがゆき(vo)、小畑和彦(g)、マツモニカ(harm)という顔ぶれでのボサノヴァ・ライブ。ジョビンの曲中心で、最後にミルトン・ナシメント。変な書き方になるが、触れるか触れないかなのに核心を突いてくる愛撫のような演奏だった。03などでちょっと走り気味になったのも、気になったといえば気になったが、解釈のしようによっては、ちょっと色っぽい気がしないでもない。

いや、もちろんただただ美しい演奏なのであるが、ボサノヴァ=お洒落な、灰汁抜きの効いたバックグラウンドミュージックではなく、ものすごく美しいのに、身近でちょっと下世話なところもあって、そして生命力に溢れているブラジル産の音楽(por quilo=お好み盛り合わせ料理の量り売り、だから、そんな取り方でもいいでしょう?)を楽しませてもらえたので、そんなような感触も、演奏を聴きながら敢えて考えてみた。

うーん、とにかく気持ちよかった。小畑和彦のいい感じにドライブするギターに乗った、さがゆきの歌唱、渋谷毅の控えめだけど鋭く煌めくピアノはもちろん、小畑和彦とマツモニカのソロとすごくいい隠し味的な低音のコーラス、さがゆきと小畑和彦の、あるいはさがゆきとマツモニカの絶妙に火花散る即興のやり取りなど、すべてが美しく得難い。また聴きたいが、今度はいつ演るのかな。肝心なことを尋くの忘れた。

以下、この日のセットリスト(不完全、かつ間違ってるかもしれない。あとで補足)。

01 Este Seu Olhar (Tom Jobim)
02 Corcovado (Tom Jobim)
03 Vivo Sonhando (Tom Jobim)
04 Falando de Amor (Tom Jobim)
05 Desafinado (Tom Jobim, Newton Mendoca)
06 Samba em Preludio (Baden Powell, Vinicius de Moraes)
07 Batucada Surgiu (Marcos Valle)
(休憩)
08 Se Todos Fossem Iguais A Voce (Tom Jobim, Vinicius de Moraes)
09 Chega de Saudade (Tom Jobim, Vinicius de Moraes)
10 Inutil Paisagem (Tom Jobim, Aloiso de Oliveira)
11 Samba do Avião (Tom Jobim, Vinicius de Moraes)
12 Estrada Branca (Tom Jobim, Vinicius de Moraes)
13 Doralice (Tom Jobim, Dorival Caymmi)
14 Vou te Contar (Wave) (Tom Jobim)
15 Travessia (Milton Nascimento)
enc
16 Garota de Ipanema (Tom Jobim, Vinicius de Moraes)
posted by aokiosamublog at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(ライブ)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187464534

この記事へのトラックバック