2009年05月24日

酒とマダムと桜

5/24、花小金井LIVEHOUSE TSPにて。長見順と桜井芳樹のデュオ。まずは余談だが、何を隠そう私は小学校1年から大学に入って少しまで小平市御幸町というところに住んでいたので、花小金井はまあ故郷のようなものである。

私がいた時分は、もちろんライブハウスなんてなかったが、今日の会場であるTSPは、小中学生の頃によく自転車で走り回った道から入ってすぐのところ、住宅地の真ん中に忽然と現れていた、という印象。

場所を確認してから、ついでに周囲をぐるりと歩いてみたが、年月を経た分だけ寂れたな、とは感じたものの、それ以上の感興は特になかった。ただ、よく遊んだ東電電団地(現NTT社宅)が、全員立ち退いて建物だけ残り封鎖されていて、ゴーストタウンのようになっていたのには驚いた。結構広い敷地だから、その分衝撃度は高かった。

懐かしいついでに、駅前の老舗(というか単に古い)中華料理屋のよしむらで、餃子とカツ煮で一杯。

---

さてライブは、初っ端からもう実にいいコンビネーションのギターデュオでしびれる。

全曲マダムの曲だから、桜井芳樹のギターも基本的にはそれに沿っているが、ときどきLonesome Strings風味が顔を覗かせるところも嬉しい。どの曲だったか定かではないが、04でのギターソロが特にそういう印象だったかな(この曲は、先日のdressのソロライブで、演奏される予定だったが結局されなかったもの。ようやく聴けてラッキー)。

あと、桜井芳樹のギターだけで歌われた09も格別。もちろん弾き語り等も素晴らしいのだが、それとは違った味わい、という意味で。これはまた聴きたいなあ。

05〜07および10では、マダムの素晴らしいピアノ弾き語りもあり、花小金井まで足を運んだ甲斐がありました。よかった。

以下、この日のセットリスト。

01 Mama Goes Shopping to Thailand
02 ハナウタ
03 夏に生まれた夏子さん
04 As Time Goes By
05 曲名不明
06 曲名不明
07 サラリーマンの唄
08 VS
09 クーチークー
10 ザ・居酒屋

#この日前座で出た「国吉亜耶子&西川真吾duo」というバンド(キーボード・唄とドラムの二人組)はちょっと面白かった。MCの個性的な喋り方をもう少しどうにかして、曲自体はもうちょっとひねくれた感じにすると、かなりぐっと来そうな予感が。微妙なところだが、柴草玲の作る歌+外山明スタイルのドラム、みたいな感じもちょっとしたな。また聴きに行くかというと、わざわざ聴きに行かないとは思うが、今度たまたま遭遇したときにどうにかなっていると、ファンになるかも、という感じか。

#TSPの人(店長かな?)とちょっと話したところ、中学の後輩であった。それだけの話だが、なんだか可笑しい。
posted by aokiosamublog at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(ライブ)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187464558

この記事へのトラックバック