2009年05月26日

清水くるみトリオ

5/26、今日は自転車で吉祥寺サムタイム。清水くるみ(p)、米木康志(b)、原大力(ds)。ゲストで池田暢夫(b)(11のみ、米木康志と交代)。このトリオの演奏は初体験だが、エリントン、ストレイホーン、ガーシュイン、モンクなどの名曲の数々に、奇を衒わず真正面から、しかし自分たちなりの方法で挑んでいる、という点に好印象を持った。

なんて書いてみると、プロの方々に失礼な気もしてきたが、ソロ回しも含めていわゆる“ジャズ”のフォーマットの演奏で、取り分けなにか変わったことをしているわけではないのに“今”の音楽になっていて、聴いているほうとしては身体が熱くなったり自然に動いたり、曲によっては少し涙が滲んできて、そして楽しい気分になる。その辺の機微をすっきりまとめてみたくて、上のような書き出しにしたが、結局説明が長くなった。

どちらかというと、そういうことを無駄にあまり考えずに、ただただ聴いていたい音楽であった。がんがん攻めて行くときでも常にどこか可憐な風情を感じさせる清水くるみのピアノを中心に、ほかのふたりがいい間でアクセントを加えたり、あるいは3人の音が溶け合っていったりという瞬間は、とても気持ちよかった。今日のところは中途半端なままに留めておくけど、もう何度かこのトリオを聴いて、自分の中で整理できたら、もう少し何かが伝わるように書いてみようと思う。

それにしても、3部構成で休憩も含まれるとはいえ4時間ものステージ。みなさんおつかれさまでした。

以下、本日のセットリスト。04はものすごく有名な曲なのだが、何故か頭の中で「Now's the Time」に変換されてしまって、それから曲名が出て来ない(元曲とは違ったダルい感じのアレンジで、ベースがテーマを弾くのがとても面白かったのだが)。15は清水くるみのオリジナルで、ベースの人の譜面を覗いたら曲名を書くところに「ソミソミド」と書いてあった?が、これは曲名ではないよなあ。

附記:04、15の曲名解決。ありがとうございました。

01 Cherokee
02 Duke Ellington's Sound Of Love
03 UMMG
04 Billie's Bounce
05 Without a Song
(休憩)
06 Giant Steps
07 A Foggy Day
08 Bess, You Is My Woman Now
09 My Man's Gone Now
10 It Ain't Necessarily So
(休憩)
11 Stella by Starlight
12 Thelonious
13 A Flower Is a Lovesome Thing
14 Something 'Bout Believing
15 ソミソミド
posted by aokiosamublog at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(ライブ)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187464560

この記事へのトラックバック