2009年06月20日

Lonesome Strings/ハーモニカ・ライナーズ

6/20、黄金町 試聴室その2にて。

ハーモニカ・ライナーズ:
田邊峯光(コード・ハーモニカ)、町田明夫(クロマチック・ハーモニカ)、鶴田亘弘(バス・ハーモニカ)

http://www.crownrecord.co.jp/artist/harmonicaliners/whats.html

Lonesome Strings:
桜井芳樹(g)、田村玄一(weissenborn, pedal steel steel guitar)、松永孝義(contrabass)、原さとし(5-string banjo)

http://www.linkclub.or.jp/~skri/lonesome.html早めに出て桜木町下車。野毛経由で福田フライ(辛いソースに痺れる)→ダウンビート(大音量の渡辺貞夫「Mbali Africa」に痺れる)→長者町から黄金町散策。黄金町は、往年のちょんの間が若い人経営のカフェやバーに様変わりしつつあったが、まだ辻辻に警官(機動隊)がいたり、ちょっと裏に入ると住民が隣同士で喧嘩してたり、多分もう普通のスナックなのだろうが照明がどピンクの店が戸を開け放っていたりなどなど、未だちょっとヤバそうな雰囲気は若干味わえた。

で、試聴室2は、そんな黄金町のど真ん中、京浜急行のガード下にあるアートスペースの一角にある、広いようで狭いようで、開放的な感じだが周囲の町並みが見えるのが却って閉塞的な感じもある、不思議な感じのライブスペースだった。

---
さて、ハーモニカライナーズは、昭和38年結成だが5年の活動の後に一旦解散。一昨年再結成を果たしたという、オリジナルメンバーの平均年齢72歳!のハーモニカトリオ(クロマチック、コード、バス)。ただし昨年11月発売のセカンドアルバムからコード・ハーモニカが1954年生まれの田邊峯光(日本ハーモニカ芸術協会常務理事、事務局長、師範。全日本ハーモニカ連盟常任理事)に代わり、本日もその顔ぶれ。

揃いのデザインのラメ入りジャケットを着て、往年のモダンボーイが往年のヒットメロディを、ハーモニカ三本でドライブ感溢れる演奏で楽しませてくれる。MCも洒脱で、面白いなー。いい感じの寄席演芸のにおいもちょっとした。

これも往年のヒットメロディには違いない「スモーク・オン・ザ・ウォーター」は、歌メロも間奏のギターソロも、クロマチック・ハーモニカでほぼ完全コピー(ほぼ、というのは、終盤で独自のソロを吹いたからで、それを勘定に入れなければ完全コピーであった)なのにもビックリ。笑う(褒め言葉)。で、また、その完全コピーしたフレーズを、他の曲と同様、枯れたいい間で吹くのがとても面白い。

また積極的にライブを聴きに行くか、といえば、そのときの状況次第だが、今日のような面白い(意外性のある)組み合わせのイベントがあれば、聴きに行きたいと思う。

01 ハーモニカ・ライナーズのテーマ(コメディアンズ・ギャロップ)
02 トワイライト・タイム
03 キャラバン
04 背中に赤い陽
05 ペグ・オー・マイ・ハート
06 トワイライト・ターキー
07 黒い花びら
08 スモーク・オン・ザ・ウォーター
09 オール・オブ・ミー
enc
10 セントルイス・ブルース

---
ニコニコと愛想のいいハーモニカ・ライナーズから打って変わって、Lonesome Stringsは自分たちの音楽をクールに淡々と演奏。先発のハーモニカ・ライナーズのお客も多く残っている中、客層に合わせようというお愛想を見せたり曲目解説に多くを語ることもなく、一曲平均10分前後という長さの、曲想が曲内で次々に移り変わっていく各曲の美しさを、じわーっと堪能させてくれた。カッコいい。

だから、イベントとしては、聴いている最中このブッキングはかなり不思議な感じもしたのだが、Lonesome Stringsの演奏が始まると、多分こういう音楽を集中して聴くのに馴れていない方も多いだろう年配のお客(ご老人といって差し支えない方も少なくなかった)も、徐々にステージに引き込まれていった様子が窺えた。決して派手な、すぐに耳目を引く要素がわかりやすい音楽ではないが、美しいものの持つ力はすごいなあ、という感慨を強く持った。

Lonesome Stringsは、7月にはThe Last Showと共演するという(7/6、表参道FAB)。今回は1時間弱のステージだったし、やはりイベントとして落ち着かない感じはちょっとあったので、そちらも聴きに行きたいと思う。

01 Snow Queen〜Déjà Vu
02 南の噂
03 ケルンコンサート
04 Candela
enc
05 Some Happy Day
posted by aokiosamublog at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(ライブ)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187464570

この記事へのトラックバック