2010年01月02日

新宿末廣亭正月初席第二部

あけましておめでとうございます。

1/2の第二部(14:30〜17:30)を見物。初席らしく挨拶代わりの漫談が多い中、春風亭昇太の紅白〜NHKの大晦日番組をネタにした一席がものすごい破壊力。森某は、私も郷ひろみに似てて気持ち悪いな、くらいは思ったが、昇太にかかると木っ端微塵に粉砕。杜撰なのに妙に似てる物まねがまたメガトン級。詳細は書けないが、寄席の客層を考えるとすごい思いっきりが要るネタだろうし、それでいてそしてわずか二日前の番組をネタにあそこまで爆笑を取る瞬発力。ほんとすごかったなー。

続く小遊三の山梨〜駅伝ネタ(山梨がなぜ関東か、等)は、まあいわゆる鉄板だろうし、楽しめた。

雷門助六は、噺はなんかぐだぐだな感じの面白さだったが、お客のリクエストに応じた格好で踊った「操り人形」が見事だった。リクエストした人ありがとうだ(このあと「This is It」観に行く予定だったのも、妙にグッドタイミングだった)。

中入り後は、米助の代演が圓雀で「狸賽」。で、主任の桂歌丸、本日は「鍋草履」と、割と珍しい(なのかな?)ネタでした。あーあとそうだ、神田紅の「マダム貞奴」でのオッペケペーはなかなかよかった。喉の調子が悪いとのことだったが。

ちなみに11日からの二之席は、これは暇見つけて昼夜通しだな。

http://www.suehirotei.com/01naka.html

以下、この日の演目。

前座二名・・・・・・・(お手洗い行ってて聴き逃した)
国分健一・・・・・・・漫談(石原裕次郎、小林旭、高倉健の物まね)
三遊亭遊喜・・・・・・漫談(酒井法子ネタ)
三遊亭遊雀・・・・・・漫談(身近なマネーロンダリング)
松旭斉八重子・・・・・奇術
神田紅・・・・・・・・講談(マダム貞奴)
三遊亭遊之助・・・・・浮世床
雷門助六・・・・・・・漫談(自分が歌丸に似ている話、とんとん落ち)と踊り(かっぽれで「あやつり人形」)
東京太、ゆめ子・・・・漫才
春風亭昇太・・・・・・漫談(紅白〜NHK大晦日番組〜初詣)
三遊亭小遊三・・・・・漫談(山梨〜箱根駅伝)
(中入り)
桂歌若・・・・・・・・漫談(津軽弁、独身ネタ)
柳亭楽輔・・・・・・・漫談(英語版「ねずみ」など小咄)
Wモアモア・・・・・・漫才
桂歌春・・・・・・・・漫談(歌丸ネタ)
三遊亭圓雀・・・・・・狸賽
鏡味正二郎・・・・・・太神楽曲芸
桂歌丸・・・・・・・・鍋草履

付記)
「あやつり人形」(正しくは「あやつり踊り」か?)だが、Wikipediaでの記述によれば、「この芸は毎年9月上席新宿末廣亭の「吉例住吉踊り」で披露される」そうだ。一応期待しておこう。

あと参考までに。

http://home-9.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/11-9110.html?no_prefetch=1
posted by aokiosamublog at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語/演芸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187464594

この記事へのトラックバック