2010年03月12日

長見順『大きい花』再発売記念 超初リサイタル

高円寺次郎吉にて。

長見順のデビュー・ソロ・アルバム「大きい花」が昨年末再発され、その記念ライブ。いつものギターを弾かず、ピアノ弾き語りだけのステージ。「マダムギター」としてのソロあるいは「パンチの効いたブルース」の場合は、奔放で豪放磊落で女豪傑で大酒呑みというキャラクターだ。むろんご本人にそういう資質もあるのだろうが、実は繊細で優しい感受性も持っていることは、マダムギターとしての歌作り、演奏、歌唱からも、常ににおっていた。

デビュー盤である「大きい花」は、その女性らしい繊細で優しい感受性が大きく花開いた名作で、長い間廃盤だったしライブでもその楽曲はほとんど封印されていたが(ライブがギター中心だったということもあるだろう)、そのほぼ全曲をピアノ弾き語りで聴くことができたのはうれしい。実際に目の前で、ファーストの曲のピアノ弾き語りを聴くと、長見順という音楽家の幅の広さに驚かされる。

これからも、いつものマダムギターの合間に「大きい花」コーナーが聴けるとよいなあと思う。

もっとも、デビュー盤というところからピアノ発表会的な発想をして、その発想から第一部ではキャンディキャンディのような格好で出て来るなど、なにか笑いを持ち込んで提供しようとする姿勢は、いつも通りであった(第二部ではサラリーマンの親父のコスプレだったのだが、これはよくわからなかった。それがまた可笑しいのだが)。

まあ、照れもあるのだろうが。冒頭4曲めが終わるまで、曲間でサステインペダルを放さず、拍手のタイミングを観客から奪っていたのも、1曲ごとに賞賛の拍手が起きるのが予想されたので、それへの照れ隠しかなあという邪推もしてみた。

なお、先述した通り全曲長見順によるピアノ弾き語りだったが、アンコールのみ、ファーストに参加した三好 "Sankichi" 功郎がギター、岡地曙裕とカルガモーズ等のIzumiがパーカッションで参加。

セットリストはファーストの曲(*)が中心だが、初めて聴く10、13などのブルースナンバーもなかなか。10では、小学校5年生くらいのときに初めて持った責任感みたいなものは、大人になっても大事なんだよな、ということを忘れていたのを思い出した。

以下、この日のセットリスト。

01 大きい花*
02 まあるい記憶*
03 ツキヨノモノガタリ*
04 電波*
05 みんなの空それぞれの大地*
06 ルシアンティー*
07 夏から生まれた夏子さん
(休憩)
08 真昼の平日の衝撃的巨大クアハウス
09 お互い様セレナーデ
10 11歳のオレのブルース
11 長い長い夜*
12 神様がいっぱい*
13 バンドやりてえ
14 マダムギター
15 おない年の友だちへ*
16 ラッキイ
enc
17  海だったんだね*
posted by aokiosamublog at 23:00| 音楽(ライブ)