2010年04月23日

石橋英子 ワンマンライブ

渋谷7th Floorにて。現在制作中という新作に収録予定の曲も交えたライブ。休憩後の第二部での6曲が新曲だったと思う。

石橋英子は1stしか聴いていないので、全体の曲名等は詳述できないが、その1stで感じた「様々な音の渦から美しいピアノとメロディ、声が立ち上って来る」感じは、このライブだと若干薄かったように思った。

これは、主に聴き手たる私の問題だが、山本達久のドラム、勝井祐二の電気バイオリン、そしてとつぜんゲストに決まった中原昌也のノイズ、それぞれ面白い演奏だったが、石橋英子初心者にとっては、核となる石橋英子の歌とピアノを味わうにはちょっと辛かったというのが正直な感想であった(耳が慣れていなかった、というべきか)。

そんな感じで、今ひとつこのライブの魅力をつかみきれずにいた中で、後半の最後に演った「夜鷹の星」と、アンコールで(七尾旅人のリクエストによるという)「可愛いベイビー」の歌にはっとする。この二曲は、全体の中で群を抜いて美しく感じた。

ライブでは、まずは素の(歌とピアノだけの)石橋英子を聴くところから始めてみたいが、その機会はあるかな。ちょっと注意しておこう。
posted by aokiosamublog at 23:00| 音楽(ライブ)