2011年01月10日

田中邦和(sax) / tatsu(b)

渋谷dressにて。

#去年は後半さぼり気味だったが、今年はライブ見聞録は漏らさず書き留めるつもり。tatsuのベースは押さえに押さえた感じで、ディレイとリアルタイム・ループを駆使しながら、聴き手にそれと気付かせないような塩梅でどんどん音の厚みと色彩を増して行く。

そこにささやくような田中邦和のテナーサックス(と、曲によってはフルート)が加わるのだが、田中の演奏は音量や音色を押さえても、いつものような色気に溢れていて、一見墨絵のような静寂さの中に、とても豊かな風景と味わいを味わえたライブだった。

田中がMCでしきりに「俺たち暗いなあ」と言っていたが、盛り上がったり熱かったりだけが音楽の愉しみではないという当たり前のことを、年頭にしっかりと再認識させてもらえたと思う。感謝。

演奏は即興中心で、途中2〜3曲のスタンダード(曲名失念。メモには「Reflections」「Four」の文字があるが、記憶は不確か)やフラグメンツの曲を挟んで10曲。
posted by aokiosamublog at 23:00| 音楽(ライブ)