2011年01月27日

星空音楽会 − Musica en Compostela −

綾瀬ナチュラルカフェ コンポステラにて。関島岳郎企画。

高岡大祐(tuba) + 関島岳郎(tuba)、ゲスト酒井俊(vo)この店でのライブを、交代で関島岳郎が企画することになって、その第一弾。

関島岳郎いわく、「最も信頼するふたりのミュージシャンに出演をお願いした」とのことだが、言われたほうも嬉しいだろうが、聴き手にとってもとても有り難い企画だ。

テューバ二本と歌、というと、奇異に感じる向きもあるかもしれないが、問題はそんなところではなく、歌い手や演奏者が「音楽」という源泉の、それも飛び切り豊かなやつの在処を知っていて、そこから自分の声と楽器(もちろん一般性がない楽器や手作り楽器だって構わない)でその源泉を汲み上げる術を持っているかどうかだ。

そんな当り前のことを、二本の(それぞれ個性が違って、その楽器らしい音とそんな音も出るんだという音を駆使し、響き合い、会話し、ときに融和する)テューバと、「今回は“親”(企画者)ではないから」といつになくリラックスした歌とに、改めて強く思い知らされた。

うまくは言えないけれど、歌声や楽器の技術や発想の向こうにある、滋味豊かな音楽の源泉に触れたようなライブだった。あとは子供の頃見たまだ古さの残る東京の風景を思い浮かべたり、何故だか死んで行った友人知人を懐かしく思い出したり(これは主に「四丁目の犬」内の台詞や続く「ヨイトマケの唄」に起因するが)。ずっと記憶に残るだろう演奏会だった。

会場も、最初は正直なところお客詰め込み過ぎとか、ステージにどう向き合っていいかわからず落ち着かないとか、「オーガニックでロハスな感じ」が好きでないとか、家から遠いとか、そんなささやかな不満を少しだけ感じたが、多分地元の方も多いであろうお客で満員になって皆が楽しんでいる様子はすごく好ましかった。難しいことを考えずに素朴に歌と音楽を楽しんでおられる様子のご年配の方も見られて、演奏が始まったら、入店時に感じたささやかな不満などすぐに消え去ったものだ。

これはまたぜひ聴きたい。音源制作の可能性だって、この夜のライブだけでかなり見えたと思う(録音環境や響きや技術者にもよるが、左右のチャンネルにテューバ一本ずつ、真ん中に歌、というシンプルな構成で、家のオーディオセットでも十分に楽しめるだろうことが、容易に想像できる)。

言うまでもなく関島岳郎の企画が素晴らしかったわけだし、ふたりのテューバ奏者の素晴らしさがあってこその一夜ではあるが、同時に、年が明けてから三回聴いて、今年の酒井俊はなるべく聴いておきたいと改めて思った。

なお蛇足ながら、「篠新 3/4」と「海を渡る風」は関島岳郎が在籍していたコンポステラというバンドの曲(前者は「歩く人」、後者は「1の知らせ」に収録)で、高岡大祐とのデュオで演奏。他はすべて酒井俊が参加。

01 篠新 3/4
02 Shenandoah
03 Hong Kong Blues
04 朝日楼(朝日のあたる家)
05 黒の舟歌
06 四丁目の犬
07 ヨイトマケの唄
08 初恋〜Down By The Sally GardensJust Like A Woman
(休憩)
09 海を渡る風
10 アラビアの唄
11 かくれんぼの空
12 Alabama Song
13 Hallelujha
14 I Shall be Released
(アンコール)
15 Love Me Tender
posted by aokiosamublog at 23:00| 音楽(ライブ)