2012年01月27日

「ベン・シャーン クロスメディア・アーティスト」展

神奈川県立近代美術館 葉山にて。写真300点を含む600作品を並べた回顧展。

午前中一時間ほど鑑賞。どういう点に感銘を受けたかなどはこれからじっくり考えるが、写実的なドキュメンタリーの絵から出発した画家が、どういう風にいろいろな要素を抜いていって単純化しながら事件の本質を捉えるようになったのか、という点に非常に興味を覚えた。

ポスターやレコードジャケットの仕事も、とても面白い。

巡回には福島県立美術館も入っていたが、原発事故の影響(すなわち放射性物質の付着などか)で行かないという話も聞く。なんとかならぬものか。

観賞後、三崎港に足を伸ばして食事と買物。マグロ赤身の丼と白子と心臓を喰い、マグロのカマとスペアリブと頭肉と、あと鰯の干物を買って帰ったのは、あとで考えたら出来過ぎだった。
posted by aokiosamublog at 23:00| 美術