2012年07月30日

新宿末廣亭7月下席夜

(初出:Facebook「落語総見」グループ https://www.facebook.com/groups/rakugo99/

昨日午後、新宿にて某師匠を取材。どなたを何の仕事で取材したかは、いずれこちらでも宣伝させていただくかもしれませんが、その師匠が取材後末廣亭に上がるというので、こっそり覗いて参りました。で、さて、お客は50人ほど。ああいう寂しい感じの寄席は、私は久々だったが、夜の部はあんな感じも多いのかしら。まあ、その寂しい感じが却って涼やかでのんびりとしていて、夏の夜の寄席という趣も感じられた。夏休みで親に連れられてきたのだろう子供の姿が少し目立ったのも、そんな趣を醸し出していたのかもしれない。

演目も、どちらかというと声を張るものよりひそひとと話されるものがほとんど。落語で賑やかだったのは、漫談が主体の蝠丸「仙台高尾」くらいで、金遊「開帳の雪隠」やトリの小柳枝「景清」などは、聴いているととろとろとしてくるような語り口に、不思議と涼しさを感じた。それにしても、「景清」はとても久々に聴いたが、すごい題、すごい噺だ、と改めて思った。

圓「蛇含草」は、ご存知「そば清」の元となった上方噺だが、もちろん江戸弁で。これまたとろとろといい気持になるような芸で、下げは聴き逃した。蛇含草舐めて餅が甚平着て…… てとこまではやらなかったように思う。

小遊三「夏泥」は、長屋の住人の大工の、まったく怯えずうろたえない、悪びれず喰えない感じの可笑し味が心地よく、これまた大変結構だった。高座での小遊三は、「笑点」でのキャラクターと少し異なる、この大工を演じるときのような独特の“カッコよさ”が魅力であると思う。

俗曲は春風亭美由紀が檜山うめ吉の代演。うめ吉ファンの私としては一瞬「ええ、残念」と思ったが、「新土佐節」「東京音頭」の唄や「かっぽれ」の踊りが小気味よくて満足。二曲めの「さのさ節」の途中で糸が切れ、糸を替えるところが見られたのも、珍しかった。

珍しいといえば、太神楽ではお馴染みの鞠や鉄輪、枡の回し分け、五階茶碗、輪の組取りに加え、久し振りに卵落としを見ることができたのも嬉しかった。卵落としは、見事大成功であった。

***

新宿末廣亭下席は本日まで、ちなみに夜の部の膝替わりの前(正式な呼び方はあったかな?)は日替わりで、本日7/31は春風亭昇太が予定されているようです。

あと、ご存知かもしれませんが、今現在夜席割引実施中にて、18時より入場が2,200円、19時〜19時45分に入場が1,400円と、おトクになっております。

北見マキ・・・・・・奇術
三遊亭金遊・・・・・開帳の雪隠
橘ノ圓・・・・・・・蛇含草
中入り
春風亭美由紀・・・・俗曲
柳家蝠丸・・・・・・仙台高尾
三遊亭小遊三・・・・夏泥
翁家喜楽喜乃・・・・太神楽
春風亭小柳枝・・・・景清
posted by aokiosamublog at 23:00| 落語/演芸