2013年01月12日

坂田明+坂田学デュオ

渋谷Bar Issheeにて。

昨年末で閉店したBar Issheeの、ほんとにほんとの最後のライブ。坂田親子のデュオで、完全即興。坂田学のドラムを聴くのは初めてだが、打音ひとつひとつの表現とか、フリーの間に挟まるビート刻み風の演奏の塩梅とか、とても心躍った(実際に身体も動いた)。親子デュオはもちろん、いろいろな組み合わせでの演奏を聴きたい。

ちなみに坂田学のセットは、一般的な三点セットにシンバル二枚(クラッシュとライド)、その他ドラやアルミ板?、特殊シンバルやハイハットに乗せる小さめのタンバリン、トライアングルなど小物各種。

デュオの対話はもちろん素晴らしく、魔法のように息がぴったり合うところも含め、何度も震えた。坂田明(この日はアルトサックスとクラリネット)の演奏は、完全即興に時折「Round about Midnight」などスタンダードの旋律が挟み込まれていく感じだった。

アンコールは一回。アンコール前とあとで、坂田明がBar Issheeと店主と讃えていたのが印象的。二回めのアンコールもかかりそうになったが、坂田明の明言「ものには限度がある、風呂には温度がある」で幕。

Bar Issheeは、回数でいえばそれほど足繁く通ったわけではないが、いろいろな体験をさせてもらった(数々の音楽はもちろん、2対1ライブ、とか)。ありがとうございました。最後の最後の日に訪れることができてよかったな。絶対にどこかで再開されることを期待する。
posted by aokiosamublog at 23:00| 音楽(ライブ)