2013年02月15日

手打ち麺製麺機のようなもの

於荻窪ヴェルヴェットサン

手打ち麺製麺機のようなもの:ラショウ、吉田隆一(bs)、スズキイチロウ(g)
無重力スイング・ホテル:田ノ岡三郎(aco)、大塚レオナ(tap)、斉藤良(ds)、飛び入りゲストにバロン(vo)手打ち麺製麺機のようなもの、は、二回めにして格段に深化したという印象だった。物語、台本、語り、歌、踊り、人形使いの深化と(全4〜5体の登場人物は、すべてラショウが演じ分けた)、今回二回めとなる楽士の演奏との融合具合の深化。偶発的なもの(マダムの仮面の髪の毛部分が登場後すぐに床に落ちてしまった、とか)も含む笑いも、取って付けた感はほとんどなく、物語が転がって行くのに機能していたと思う。

もうこうなったら、あとはラショウの歌が、一度音程が完璧になるように訓練されるとよいと思った。その上で外すべきところで外せるようになれば、思いつきで作った?このトリオが永遠のものになるきっかけとなる気がするが、まあしかし、それを目指しているものかどうかはわからない。

無重力スイング・ホテルは、大塚レオナ除く、ゲスト含めた三人が、あともう少し飛躍したり炸裂したりしたらなあ、と思ったが、まあそれは好みの問題。目から受容する音楽のような演奏とタップダンスが感じさせてくれる自由のようなものに、ずっとある種の興奮を覚えていて、とても楽しかった。

大塚レオナに関しては、スガダイローとのデュオをやるというのが楽しみだし、たとえばアコーディオンなら熊坂るつ子と演ったらどうだろうとか、即興の対話ということなら外山明との共演も面白そうだとか、客としては妄想が広がる。しばらく、いろいろな人との共演を見て行きたいと思う。

無重力スイング・ホテルの曲目

01 東町二丁目ブルース(大塚レオナの曲)
02 墓と寺(即興)
03 夢を見るのさ(バロン参加)
04 即興(バロン参加)
05 夜の果て(田ノ岡三郎の曲)
posted by aokiosamublog at 23:00| 音楽(ライブ)