2013年02月28日

2月まとめ(21〜28日)

21日(木) 午後4時頃目が覚めたので、寝床で今日はどの寄席に行こうかを検討、池袋にしようと思ったところでまた寝てしまい、結局寝坊、開き直って午後4時頃まで惰眠→風呂→本日69kg、今年平均69.2kg。ふと気が付くと、二年前の入院直後よりも1kgくらい少ないということか→江弘毅『街場の大阪論 』読了。面白かった。大阪弁に不慣れ故意味がうまく取れないところとか、自分としてはもう消化してしまった問題などもあったが、普段同じようなことを考えているなあ、という感じが随所にあったし、大阪に遊びに行ってもやもやしていたことをすっきりさせてくれたところもあった→呑みながら録画の『続エマニエル夫人』鑑賞。笑った→10時過ぎ就寝
22日(金) また4時頃起床。今日はこのまま起きていよう→池袋は喜多八が市馬の代演とのこと。昨日行けばよかったかな。まあいいや→風呂。有吉佐和子『ふるあめりかに袖はぬらさじ』読む。歌舞伎観たいな→朝飯とビール。今日は末廣亭にした。昼から夜まで通しで→ベルクの隣の立ち食い蕎麦、天婦羅ぐずぐず。コップ酒が盛り切りなのはよい→末廣亭10時間コース。白鳥が凄まじかった→魔酒場でハーパー四杯。ちょうど3,000円。電車賃だけ残った→帰宅してまた呑む→多分0時過ぎ就寝。
23日(土) 朝9時過ぎ起床。宿酔い→風呂で酒気抜き→『十九の春』移調作業→dressにて時空兄弟サウンドチェック。『アラバマ・ソング』にしびれる→ニュー信州にて一杯。よい酒場である→ライブ本番。岡野さんと千絵ちゃんに久々にお会いできてうれしかったな→ライブ後痛飲。楽しかった→タクシーで帰宅。午前3時頃就寝。
24日(日) 朝9時頃起床→風呂、洗濯→『ライバルたちの芝浜』の梗概書く。書いてみたらあまり面白くならなかった→dressにて今日のライブのサウンドチェックへ→武田カオリが、宇多田ヒカルの「光」を歌う。素晴らしく心地よい緊張感→ライブ終了後も呑み続け、都合赤葡萄酒二本くらい呑んだ計算になる→歩いて帰る。ときどき走ったような気もする。疾走感を記憶に残したまま就寝。時間不明だが、多分明け方。
25日(月) 昼頃起床、宿酔い→風呂、野菜ジュース→湯冷め→遅い昼飯→カチャトラでセンベロ見物。いやーもう凄かった。楽しかったなあ。昨日たくさん呑んだので今日はあまり呑めないかなと思ったが、葡萄酒紅白合わせて一本分くらいは呑んだ→ドラムの栗原努やカチャトラの人ともたくさんお話できたのもうれしい→ただし尾形泥酔(帰りの電車に乗ってから)→そして私は激しい腹痛(恵比寿駅にて)→それでも経堂に着いてから、馬刺とビール、あと夢亀ラーメン→帰宅、風呂、午前4時過ぎ就寝。
26日(火) 朝9時過ぎ起床→朝飯準備→風呂→西桐ブログ更新とデザイン替え。デザインは今ひとつだなあ→夕方銀座に出て、三原橋探訪→その前に泰明庵で底を入れ、三原、そしてお多幸とはしご→泥酔。帰りの地下鉄の中で、かけていた眼鏡がなくなっているのに気付く。不思議だ。他に失せ物はなかった→帰宅。叱られる。すみませんでした。
27日(水) 午前中起床。営団地下鉄などに失せもの問い合わせてみる→宿酔い→風呂→出版契約書のドラフト読む。電子出版以外の出版と契約期間と著作者人格権の辺りがキモのようだ→昼寝→夕食。大量のザワークラウトいただく。感謝→今日は酒抜いた→契約書内容吟味。ちょっと穴だらけというか乱暴ではなかろうかと思った。まあ、事情はわかるが、私はいやだ。というわけで、ねっとりと吟味させてもらった→西桐ブログデザイン修正。今度はうまく行ったと思う。
28日(木) そのまま寝ずに、まず新橋演舞場にて四月の杮落しの切符引き取り→とても久し振りに歌舞伎蕎麦。というか移転後初めて。味変わっておらずうれしい→上野の東京メトロお忘れ物総合取扱所。眼鏡はなかった→時間少し余ったので西洋美術館の常設展示を見物。ハンマースホイ『ピアノを弾く妻イーダのいる室内』、ド・シャヴァンヌ『貧しき漁夫』、ブーダン『トルーヴィルの浜』、ファンタン・ラトゥール『聖アントニウスの誘惑』、ヴァン・ドンゲン『ターバンの女』を何度か眺める→御徒町まで散策→池袋演芸場下席昼。少し寝る→経堂に戻り季織亭で鴨つけめん→アダンで花買い帰宅。倒れるように眠る。二月終了。
posted by aokiosamublog at 23:00| 小ネタ/思考/日記