2013年03月16日

Petit Soile(橋本一子 / 橋本眞由己 / 加藤道明)

於渋谷dress

Petit Soile:
橋本一子 (pf, vo, bongo) / 橋本眞由己 (pf, vo) / 加藤道明 (g)

※PAを担当三人それぞれの曲を演奏するユニット。下記に一覧する曲目に、記号で作曲者を記す。

三人それぞれ作風も異なるし(各楽曲制作の背景も様々だろう)、ジャズ、ポップス、ブラジル風味や、あるいは現代アカデミック音楽的な(という言い方も大雑把だが)響きが絶え間なく交差する感じだが、三人それぞれの個性が際立ちつつも全体を貫く何かがあり、とても心地よく安心しながらいろいろな刺激を楽しめた。

言葉で表すのはとても難しいので諦めるが、よい音楽。個々の演奏で特に印象に残ったのは、12曲め(曲名不明)の橋本一子のピアノソロだったか。

PAとしては、以前演奏者から「リヴァーブは深めで」という要求もありリヴァーブの深さの設定に毎回悩むが(それなのに前回はリヴァーブが壊れたりしたが)、橋本一子、橋本眞由己の歌については音量バランスの問題だけなので、大きな苦労はない。本番のバランスも悪くなかったと思う。

三人の盟友であったベーシスト大川俊司逝去の直後だったこともあり、終盤、笑いを誘う展開の中にしんみりした気分も漂った。

01 愛の言葉(M)
02 月の彼方(M)
03 Life, Pain, Cure(K)
04 The River(K)
05 Edge of Happiness(K)
06 モネダルメシケディ(I)
07 Happy(M)
(休憩)
08 太陽の向こうに(M)
09 未来へ(M)
10 クシャナ(K)
11 コードギアス挿入歌(I)
12 (曲名不明)(?)
13 new new(I)
14 un reve〜夢(I)
enc
15 カエルのサンバ(ジョアン・ドナート)
posted by aokiosamublog at 23:00| 音楽(ライブ)