2013年10月30日

池袋演芸場10月下席昼

於池袋演芸場

真打昇進披露興行(川柳つくし)前座の柳家さん坊『転失気』の途中で入場。

席に着いて落ち着いたところで、古今亭駒次『使うかもしれない』がいきなり面白かった。ものすごい飛躍はないが、それが却って来るぞ来るぞほら来た、という楽しさにつながっていたと思う。今後も寄席での出会いに期待。名前覚えておこう。

金原亭馬遊もあまり馴染みがなかったのだが、独特の可笑し味があって、今後聴くのが楽しみになった。

柳亭市馬『子ほめ』、柳家小三治『二人旅』は、ただただ心地よく聴いた。名人上手のさりげないネタの心地よさにうっとり。

仲入り後の披露口上は、話の半分くらい?(大げさ)は川柳川柳に迷惑をかけられた、という話で洒落のめされつつ、三本締めをまかされた小三治が「新作派ということで、三遊亭圓丈をもうひとりの師匠としていると思うが、圓丈の芸は圓丈の芸、それを目指すのではなく、つくしはつくしの新作を目指しなさい」といった暖かい言葉もあった。よい披露口上だったと思う。

口上済んでアサダ二世が登場、一応手品の道具(シルクハットとトランプのみ)は用意されていたが、なぜか手品をまったく披露せず、ひたすら松旭斉天一、石田天海、アダチ龍光の天覧奇術の話をしていた(翌日山本太郎の一件を知り、なんの偶然だと思った)。

五明楼玉の輔『財前五郎』は、笑いの質というか方向性というか、そういうものは駒次『使うかもしれない』と似ていたような気がする。これも大爆笑ではないが、とても面白くまた心地よく聴いた。

川柳川柳は、愛弟子の真打昇進披露だからだろうか、客への説教も心なしか普段より明るい感じがした。それにしても達者だ。

そして川柳つくし、トリを取る風格や貫禄はまだないような気がするが(そういうところが今のところいい持ち味として作用しているとも思うが)、女流でしか出せないよい個性が際立っているように思った。いや女流かどうかは関係あるかな? つくしにしか出せないような、と言うほうがいいかもしれない。『来世がんばれ』も大いに受けていたのがうれしい。

それにしても池袋は、四軒の定席の中で一番落ち着けると思う。ただし舞台下手側が客席の出入り口というのは、ちょっと気が散るかも。出入り口正面を高座にすることはできなかったのかな。今言ってもしょうがないけれど。

以下、この日の演目。

柳家さん坊・・・・・転失気
古今亭駒次・・・・・使うかもしれない
柳家小せん・・・・・動物園
ストレート松浦・・・ジャグリング
金原亭馬遊・・・・・手紙無筆
初音家左橋・・・・・四段目
ホンキートンク・・・漫才
柳亭市馬・・・・・・子ほめ
林家木久扇・・・・・彦六伝
柳家小三治・・・・・二人旅
(仲入り)
真打昇進披露口上
 ・・・・・・・・・柳亭市馬、林家木久扇、川柳川柳、柳家小三治、川柳つくし
アサダ二世・・・・・漫談(天覧奇術の話)
五明楼玉の輔・・・・財前五郎
川柳川柳・・・・・・ガーコン
古今亭志ん輔・・・・目薬
柳家小菊・・・・・・俗曲
川柳つくし・・・・・健康診断に行こう!、来世がんばれ
posted by aokiosamublog at 23:00| 落語/演芸