2014年03月31日

3月まとめ(21〜31日)

3月21日(金) 朝9時半起床。ステッパー12分→尾形ホームページのギャラリー更新(BrewDog絵コンテ追加)→遅い昼食(夕方5時前)後、ステッパー10分→少し部屋片付けたりしてから風呂→新藤兼人『第五福竜丸』見る。これは傑作だなー。文句ないとまでは言わないが、いつまでも見続けられてもらいたい映画だと思った→とつぜん思い出し、長見順の『段ボール』や『クーチークー』を聴く→『なぞの転校生』など見て夜1時過ぎ就寝。
3月22日(土) 朝10時起床。ステッパー12分→午後から下北沢に出て買物と昼→モエツカリーで昼食べ、駅前マーケットの乾物屋、無印良品、生地屋、オオゼキなどを覗いたり買物してから、下北沢東支流〜北沢八幡〜北沢川緑道と歩き、環七を越えてから裏道を通って梅が丘駅、ここで尾形を帰し、南下しつつ西に向かい満足院本誓寺〜杓子稲荷神社〜つぼ内科おなかクリニック〜豪徳寺裏と歩いて世田谷八幡宮に参拝、城山通りをまっすぐ農大通りにぶつかり、千歳郵便局のところで小田急の線路を越え、石仏公園の裏に抜けていつもの道で帰宅。1時間ちょっと、8962歩、約6kmほど→風呂→宍戸錠主演『気まぐれ渡世』見ながら晩。これまた適当な映画だが、それでも見ていて気持ちがよいし面白い→三崎港で買って来たイカの一夜干しがうまく、ちょっと酒を過ごし、歯も磨かないで就寝。夜1時頃かな。
3月23日(日) 朝10時半起床→朝食後部屋の片付け開始。これは一年くらいかかりそうだ。そのつもりでじっくりやろう→と思ったらだいぶ片付いたし、あとなにとなにをやればよいかも見えてきた→夕方風呂→『ホノルル・東京・香港』を見ながら晩。宝田明・尤敏の香港ものの中では、明るさと可笑しさがあって一番よかったな。キャラクターがまだ定まっていない加山雄三がなかなか印象的だった。若大将シリーズはもうすでに4本撮られているのだが(4本めの『ハワイの若大将』の公開は63年8月、『ホノルル・東京・香港』は63年6月だから、『ハワイ〜』の前に撮り終えていたかもしれない)、とすると若大将シリーズでもまだ『ホノルル・東京・香港』と同じような、若さ故のどこかなにかに定まらないひりひりした感じが出ていたのかな。見直してみたい→酔っ払って夜1時頃就寝。
3月24日(月) 朝8時起床→朝食後寝てしまう→11時半再び起床→昼過ぎ出発→日暮里に着いて、まずニューマルヤで昼(カツカレーとビール)、それから繊維街をぶらぶらし、布地を見物(要藤商店とボタン屋と、あとパキラは必須だとようやくわかってきた)。買物を終えてから、今月でいったん閉めるという斉藤湯で入り、出てから鴬谷のほうにぶらぶら歩いて鍵屋で一杯(太田和彦の絵が飾られていたのでけっと思う)→酔い覚ましに湯島まで歩いて帰ろうとしたが、上野公園を抜けて不忍池の弁財天を越えたところで路を誤り右に行き(湯島は左)、その後も変なところで曲がって大回りして結局根津駅に着く。斉藤湯から数えると、都合一時間、5kmくらいの散歩になった。8000歩弱くらいか→電車で平和に経堂着。ピーコックでごま油やもずく、岩下商品など買物し、すずらん通りに入ってアダンで花買い、一力で豆腐、と思ったら店閉まってたのですごすご帰る→帰宅後すぐ横になり寝てしまう→二時間ほど寝てから起きて日記等まとめ→また寝る。夜11時頃。
3月25日(火) 朝9時起床。ステッパー15分→先日の茶箱での山本達久の猿真似になるが、ウクレレ用に買ったコンタクトマイクからミキサー、エフェクターを通してシンバルを鳴らすテスト。シールドちゃんと買わなきゃな→シャワー→ビール→渋谷に出て楽器屋でシールド3本購入。一番安いやつ→それから久々(約一年ぶり)に富士屋で一杯。なんだか優しそうな新人がひとり増えていた→スタジオに移動し準備。セッティングだけで一時間近くかかった。機材が古いせいもあるし、セッティング慣れしていないせいもある。演奏始まってからはなんかずっとずっしりした手応えで、一時間ちょっとやるのが限界だった。なのでセッティングに時間かけたのはまあ無駄にはならなかったと思う→演奏終了後、少し興奮の面持ちで、久々に三漁洞で呑む。気持ちのよい酒だった。店の女将さんたちも健在→いい加減に呑んで、平和に電車で帰宅→家に帰ってシャワーとタケノコご飯→今日のビデオ取り込み、ひと通り見てから寝る。改めて見ると面白いなー。夜3時頃就寝。
3月26日(水) 朝9時半起床。ステッパー15分→昼過ぎ出発。まずは皮膚科→肌のかぶれは大したことではなかったようだ。軟膏を出してもらう→しらかめで昼。ついにしらかめは蔵元で作るのをやめてしまったそうだ。今日は同じ蔵だという磯乃澤で山菜天ぷら→食後、薬屋に軟膏を取りに行き、その足で世田谷八幡、杓子神社、梅が丘駅、そこから取って返して豪徳寺駅経由赤堤一丁目の辺りをぶらぶらとしつつ経堂駅に戻る(この日は他の歩行も合わせ、13943歩、9.76kmだった)→尾形と待ち合わせ、老父宅→ビール一杯飲んでからバスで三鷹駅前に出て、リトルスターレストランで晩。たかしま君の絵も見る。食中の話は、遺伝子から銀座の呑み屋まで多岐に渡った→三鷹駅前で老父と別れ、吉祥寺経由で帰宅→小腹が空いたのでチキンラーメン→すぐに寝てしまったが、早寝し過ぎて夜中に目が覚める。今現在午前4時。再び就寝に挑戦。
3月27日(木) 朝10時半起床。ステッパー15分→昼過ぎ慌ててシャワー浴びて出発→駅前の花見煎餅と亀屋で土産買い、下北沢-吉祥寺-武蔵小金井経由で尾形実家を訪問。武蔵小金井駅前にチンドン屋がいておお、と思って眺めてからバスに乗り、Twitter見たら東京チンドン倶楽部の高田洋介さんだったことがわかりびっくり。失敬しました→尾形実家ではお父さん秘蔵の壱岐島のうまい麦焼酎をいただきながら、これまたうまい餃子をご馳走になる。ご両親とも足腰を痛めていると聞き心配していたが、多少無理はされているのだろうが、お元気なご様子に安心した→帰途は花小金井-新宿経由で平和に帰宅(飴をもの凄い音を立てて舐めている男と小田急線で乗り合わせ辟易したが)→帰宅後、とんねるずの番組にタモリが出ているのをちらっと見てから仮眠→風呂→夜0時過ぎ就寝。今日は特に意識して歩いたわけではないが、それでも9171歩、6.42kmという記録になっていた→結局夜中に小腹が空き、ラムとキャベツ炒めたのでビール呑んだりして、雑誌と段ボール出してから朝4時過ぎ就寝。
3月28日(金) 朝10時過ぎ起床。ステッパー15分→昼過ぎ豪徳寺に出て満来で昼。そこから豪徳寺商店街を抜けて羽根木公園-松原商店街-日本学園の裏から菅原神社-爺のところから世田谷線沿いに松原駅-西福寺通りから経堂駅-本町通り通って世田谷八幡参拝-勝光院参詣-桜木中学から農大通りに出て経堂駅入口-緑道通って帰宅。歩数計がうまく動かなかったので(スリープ時の歩数がカウントされない)、正確な数字はわからないが、約2時間半、地図によれば12kmくらいの散歩だから、13000歩 くらいかな→亀屋の梅大福と豆餅でおやつ→午睡→晩のお供は『モスラ対ゴジラ』。核実験の話は出てくるものの、全体的にユーモラスな趣きもあり、最初の『ゴジラ』とは性格が変わってきているのがよくわかった→その後『なぞの転校生』最終回を見ている最中に寝てしまった。
3月29日(土) 朝8時過ぎ起床。ステッパー16分→シャワー→朝食→午後新宿へ。まずベルクで一杯→紀伊国屋を物色。月岡芳年の画集が欲しくなる。裏返しの写真集は『和印』という題名だったか。以前見たものと少し違う気がしたが→それから本日のお目当ての芝居小屋(SPACE雑遊)の様子を見て、少し時間が余ったのでその辺の立ち飲み屋(立呑みありがとう)で一杯→SPACE雑遊にて劇団オンガクヤマ第二回公演『シメったねどこ』を見物。好き嫌いでいえば、早く終わらないかなという気持ちが先に立つ場面もあったが、人間のバカさ加減や足りなさの描き方はきっちりしていて引き込まれ、そこは大いに感心した。シナリオも演出も演技も、無駄がなく伝えたいことを伝えるのに必要な要素をしっかり持っていたと思う。ただ、物語のための物語という感じはちょっとした。そんなにバカかなあとか(特に女と自分の研究欲に振り回される学生など)、頭で考えて作ってるのが生で出ているなあとか。それととても細かいところだけど、劇中の時刻と、登場人物の腕時計やラジオに表示されている時刻がまったく合っていないのが、序盤けっこう気になった→ジンギスカンの席が開くまでセカンドラインで一杯→星夫妻、尾形とで、松尾ジンギスカンと池林坊にて大いに呑み喰らい、バカ話をする→深夜3時頃タクシーで帰宅。
3月30日(日) 朝10時過ぎ起床。宿酔い→朝食後午睡→夕方起床→風呂。復活→セッションのビデオ編集の続き。日付間違えてたことに気付き慌てて修正、書き出し、Youtubeにアップ→晩飯は、呑まずに軽く→晩のお供は『ゴジラの逆襲』。なんか身が入らなかった→編集済みビデオのYoutubeへのアップ作業続き。ついでに全編見直し、メンバーに連絡→夜1時過ぎ就寝。今日は一滴も呑まなかった。
3月31日(月) 朝8時半起床。ステッパー15分→『笑っていいとも!』最終回見る。テレビでビートたけしを面白いと思ったのはとても久し振り→新昼ドラ『聖母・聖美物語』も東海テレビらしく最初から飛ばしているが、さてどうなるか(エンディングの「今日の能面」は謎)。東風真智子はなんかエロくていい→請求書出しがてら、桜や春の花を眺めつつ、烏山川緑道から千歳郵便局、また緑道に戻って世田谷八幡と豪徳寺参拝、本町通りを戻って、太郎辺りで一杯やろうかなとも思ったが、結局魚真で平政刺身と蛤を買ったので家で呑むことにし、一力で油揚五枚、遠州屋で八海山を買い、さらにちょっと遠回りしたが梅田青果で蚕豆と卵を買って帰宅(梅田青果を離れた直後に太田尻家のご主人に出会しびっくり)。都合一時間半ほど、7594歩、5.164km(ただし足にウエイト着用)→風呂→『笑っていいとも! グランド・フィナーレ』見ながら晩。前半の大御所TV芸人がわんさと出てグダグダになるところは最高だったが(明石家さんまの凄みを久々に体験した)、後半の卒業式風メッセージの応酬には閉口。まあ中に多少面白いコメントはあったが→尾形帰宅後二度目を見ながら寝てしまい、その後寝床に移動。三月終了。
posted by aokiosamublog at 23:00| 小ネタ/思考/日記