2014年12月10日

12月まとめ(1〜10日)

12月1日(月) 昼過ぎ起床→夕方整形外科経由で銀座に出て、まずはAux Bacchanalesで一杯やってから、すき焼屋の吉澤のお座敷で柳家喬太郎の会。開口一番は講談の一龍斎貞寿で『黒田節の由来 母里太兵衛』。なかなか心地よい声と節。お目当ての喬太郎は『井戸の茶碗』。ちょっとセコくて人間味が感じられる正直清兵衛がよかった。マクラで客の様子を探り探りというのも、寄席や独演会とはまたひと味異なる、お座敷の閉じた、でもどんな客かわからないという会の妙味が味わえた→終演後のすき焼きと酒も堪能。よい芸に触れたあとなので、酒が実にうまかった。とてもよい会、主催者の渡邉さんには深く感謝する→帰り際に久々にオールドインペリアルバーにより一杯→あとの記憶はないが、無事電車で帰宅。0時前就寝。
12月2日(火) 割と宿酔い。昼過ぎまで横臥→特に何もせず夕方→風呂→すぐ近所で殺人事件があってびっくり。無理心中の可能性があるらしいが、真相がわかるまでは安心できないな。それにしても存じ上げない方とはいえ、これだけ近けりゃすれ違ったことがあるかもしれないし、お宅の前はよく通る道だ。そう思うと何とも言えない気分になる→晩の仕度。手抜き鍋→市川崑『おとうと』(1960)見る。姉と弟の間の暖かい愛情と家族の再生が主題だろうなあとは思うのだが、主に芥川也寸志の音楽の不気味さや田中絹代のやはり不気味な暗さによって、なんだかよくわからない映画になっているなあと思った。その変な感じが結構魅力なのだろうとも思う。しかし主役の岸恵子はもちろんのこと、若い頃の江波杏子の美しさったらなかった→夜2時頃就寝。
12月3日(水) 朝8時半起床。ステッパー10分。起床時血圧がまた高くなってきたな。注意しなきゃ→10時過ぎ、老父宅へ→生協で買物付き添いののち、向かいの家電量販店で老父の新しいノートPCを物色。店員が話しやすく説明上手だったため、その場で購入決定。NECのなんとかという型。ひとつ時宜遅れのため若干安かった→老父宅で昼、のちノートPCの設定など。Windowsに限らないが、版を改める度にユーザー・インターフェイスを極端に変えるのは、主にどういう目的があるのだろうか。ユーザーのボケ防止か→午後2時前においとま→いったん帰宅し整形外科。件の現場前は警察がテープで封鎖していた→整形外科ののちビーバートザンでカセットガスボンベ買い、再び現場の前を通ってみると、今度は警察が捜査を終え帰ったあとだった。殺人があった家屋を見るのは二軒目だが、むろん先入見の所為もあるだろうが、なんとも言えない気分になる→晩の仕度。揚げ物から。貧乏フライと蕪の葉のかき揚げ。蕪の葉は、一度に油に投入し過ぎたのか、べちゃべちゃになってしまったので、鍋に入れることにする→鍋はキャベツと蕪と玉葱と舞茸を放り込んで煮たのち、豚挽肉の団子と蕪の葉の天ぷらを投入するというなんだかよくわからないものだったが、まあうまかった→『笑点特大号』と『きょうは会社やすみます。』あと『FNS歌謡祭』もながら見したが、玉置浩二の『男はつらいよ』以外聴けたもんじゃなかったな→あんまり呑まない所為かよるの血圧も高い。夜4時頃就寝。
12月4日(木) 朝11時半起床→保険会社より電話あり。整形外科に伝えているとおりの内容を話す→午後、O形iPhoneの設定いろいろ。メールの設定で無駄に苦労した。最後にO形の今のMac(10.5.8)ではiPhone 6を認識できないというオチがつく→4時過ぎ吉祥寺へ→いせや公園店で一杯。いせやは両店とも改築してから、以前は必ずいたようなひとりで来ている暗い男たちがいなくなったような気がするな→早めにMANDA-LA 2へ。少し待たされたが、一番好きな席に座れた。スーマーのレコ発ライブ東京編、手練の音楽家たちが紡ぐ丁寧な音と、一声で場を酒場に変えてしまうスーマーの歌にしびれた。藤原マヒトと椎野恭一は生で聴くのが初めてなので、余計にうれしかった。夜8時前から始まり、途中休憩はさんで、終わったのが11時過ぎだった。とにかく泣けてくるほどうれしくなるライブであった。セットリストと演奏メンバーは下記のとおり(田村玄一の使用楽器をメモし忘れたので、一部「?スチール」と表記)。

01 古いフレイトレイン
スーマー(vo, bjo)
02 The Poor Old Dirt Farmer
スーマー(vo, ag)、桜井芳樹(bzk)
03 火鉢
スーマー(vo, bjo)、桜井芳樹(eg)、椎野恭一(ds)
04 雨がひらひら
スーマー(vo, ag)、桜井芳樹(eg)、茅ヶ崎学(cb)、椎野恭一(ds)
05 Goodbye Jaqueline
スーマー(vo, ag)、中村まり(vo)、桜井芳樹(bzk)、藤原マヒト(acc)、茅ヶ崎学(cb)、椎野恭一(ds)
06 冷たい風
スーマー(vo, bjo)、中村まり(vo)、桜井芳樹(eg)
07 Black Crows
スーマー(vo, bjo)、中村まり(vo, ag)
08 Blood Red Roses
スーマー(vo)、中村まり(vo)
(休憩)
09 夜明けまで
スーマー(vo, ag)、田村玄一(ラップスチール)
10 道路
スーマー(vo, ag)、桜井芳樹(eg)、田村玄一(ペダルスチール)、茅ヶ崎学(cb)、椎野恭一(ds)
11 死んだ男の残したものは
スーマー(vo, ag)、桜井芳樹(eg)、田村玄一(ペダルスチール)、藤原マヒト(p)、茅ヶ崎学(cb)、椎野恭一(ds)
12 New Moon
スーマー(vo, ag)、桜井芳樹(eg)、田村玄一(?スチール)、藤原マヒト(acc)、茅ヶ崎学(cb)、椎野恭一(ds)
13 人生行きあたりばったり
スーマー(vo, ag)、桜井芳樹(eg)、田村玄一(?スチール)、藤原マヒト(acc)、茅ヶ崎学(cb)、椎野恭一(ds)、中村まり(cho)、桜井李早(cho)
14 ミンストレル
スーマー(vo, ag)、中村まり(vo)、藤原マヒト(acc)
(アンコール)
15 Water is Wide
スーマー(vo, ag)、カルメン・マキ(vo)、桜井芳樹(eg)、田村玄一(?スチール)、藤原マヒト(acc)、茅ヶ崎学(cb)、椎野恭一(ds)
16 グレープフルーツムーン
スーマー(vo, ag)
17 カントリーロード
スーマー(vo, ag)、中村まり(vo)、桜井芳樹(eg)、田村玄一(ペダルスチール)、藤原マヒト(acc)、茅ヶ崎学(cb)、椎野恭一(ds)
18 ちょいと寂しい夜のうた
スーマー(vo, bjo)
19 にぎわい
スーマー(vo, ag)、桜井芳樹(eg)、田村玄一(ペダルスチール)、藤原マヒト(acc)、茅ヶ崎学(cb)、椎野恭一(ds)

→ライブ後もスーマーさんにご挨拶しようと待機しつつ呑んでたら、先日の渋さの祭に抱瓶で話をした男(あとで華村灰太郎と判明)がいたので声をかけたら、このあとスーマーさんや桜井さんと呑むというので、ハバナムーンへ一緒に移動。そこで白崎映美さんのバンドのドラマーに会ってびっくり。スーマーさんご一行到着後は合流したが、多分酒をテーブルにこぼしこりゃもうだめだとお先に退散した気がする。記憶は曖昧だが、翌日酒臭いびちゃびちゃのハンカチが鞄から出てきたから、多分そんなところだと思う→で、ふと気が付いたら歩いていた。方向がまったくわからないが、とにかく歩いてたら、いつの間にか芦花公園の脇の道に出ててびっくり。そこからは知った道なので、すんなり帰る→朝7時頃帰宅。即就寝。
12月5日(金) 宿酔いにつき終日横臥。途中、O形が作っておいてくれたカレーを食べ、あとはひたすら眠る→夜なんとか復活し、風呂→マルタイ棒ラーメンに野菜炒めを乗せて食べる。これでまあだいたい復活→『バリバラ』(片山真理出演ドラマ)、『Fのために』『地球イチバン「世界一服にお金をかける男たち」』『タモリ倶楽部』などを見つつ、途中からビール。ご飯がなくなったのでマカロニとカレーで〆る→朝方4時頃就寝。
12月6日(土) 朝9時半起床→午前中整形外科→マレットで一杯→午後J:COM来訪。O形の改姓による契約の名義変更をしていなかったので、名義変更について電話したらおいでになるということで、名義変更だけなのになぜ来訪?と目的がよくわからなかったが、話を聞いてみれば1)今までより安くなる、2)ブルーレイHDRに変えても安くできる、ということだったので、契約内容を見直し、12/15にブルーレイHDRに切り替えることにする→午睡→応対に疲れたのか、5時間も寝てしまった。もはや午睡ではないな→風呂→白石加代子の百物語のドキュメンタリー見ながら晩→立川談幸一門が立川流脱退し芸協入りすると知る。びっくり→昼と夜でO形サイト更新作業。スタイルシートでインラインフレーム的な機能を備えることを学ぶ→夜4時頃就寝。
12月7日(日) 昼1時過ぎ起床。実によく寝た。自分が選挙に出るときのスローガンとして「寝る気、寝間着、青木」というのはどうかと思ったくらい寝た→晩の買物と洗濯屋に寄りがてら代一元で一杯→DJ稽古→風呂。湯の温度を1℃上げる→晩は鍋→『ごめんね青春!』は自分にとっては名作だな。二回めを見てみないことにはまだわからないが→『ヨルタモリ』は、あとはゲストだなあ。来週もどうかなあ→夜3時頃就寝。
12月8日(月) 昼1時起床→菅原文太版『幸福の黄色いハンカチ』見る。泉ピン子が可愛いのに驚いたが、まあそりゃ若い頃はそうか。ピン子34〜5歳、文太48〜9歳頃→今日は一日出かけず、高柳の作品紹介原稿をやることにする→『April is the cruellest month』『ライブ・アット・タロー』『セカンド・コンセプト』『ソロ』の四本了→風呂→晩のお供に文太版『幸福の黄色いハンカチ』第二回、これは自分には名作になるかも→続いてウダヤン・プラサッド監督『イエロー・ハンカチーフ』(2008年)。これはなんというか、滋味のないぱさぱさのビーフステーキのような黄色いハンカチであった。嫌がらせで誰かに見せたい→夜2時頃就寝。
12月9日(火) 朝11時起床。ステッパー10分。起床時血圧は元に戻ってしまった→寒くなって来た所為か、膝の痛みが増している→午後、昨日の続き。4時過ぎまでに『MASS HYSTERISM IN ANOTHER SITUATION』『dislocation』『死人(しびと)』完了。いい調子→整形外科→ビーバートザンでDVD-R買って帰る→『Meta Improvisation Hokkaido Tour November 21-28, 1984』『three improvised variations on a theme of qadhafi(カダフィのテーマ)』『The complete works of JOJO DVD二枚セット(action diret 1 / JAZZ 1)』もすいすいと進み、表記統一基準と申し送り次項も作成して第一稿提出完了→風呂→鍋突いてビール呑んで終了。こまどり姉妹『蘇るこまどり演歌』をPCに取り込んでから就寝。夜2時頃。
12月10日(水) 朝8時半起床。今朝も高血圧→午前中老父宅へ。クルマなので、スーマーレコ発のお土産カセットテープ聴く。よい→老父宅に着いて、まずは買物付き添い。それからPCのメンテナンス→昼1時過ぎおいとま→やっと灯油を購入→帰宅後古いラジカセを引っ張り出してカセットテープをかけてみたら、見事に巻き込み。ショック。全部自分が悪い。他のどうでもいいカセットテープで試してからにすればよかった。幸い切れてはいないので、まあ聴けないことはないだろう→午睡→整形外科→魚ケンで一杯。寒ブリの中落ちを焼いたやつが、安くてうまかったなあ→帰宅後DJ準備少ししたのち、再び午睡→風呂→大根煮つつ呑みつつDJ稽古→朝になってしまった。昼の連雀亭は諦める。朝7時半就寝。
posted by aokiosamublog at 23:00| 小ネタ/思考/日記