2016年04月10日

4月まとめ(1〜10日)

4月1日(金) 終日宿酔いで横臥→夜になってからようやく復活→夜3時過ぎ就寝。
4月2日(土) 朝8時半起床、そば湯、ステッパー9分→O形サイト更新(絵日記)→不要品回収について調査。引越業者に廃品回収を頼むよりも、廃品回収業者に引越を頼んだほうがリーズナブルのようだが、果たして。調査結果を老父に送る→夕方、O形と明日の花見用の買物。いったん駅前に出てからすずらん通りを北上して一力、梅田青果、ミートコンパニオン、河内屋と南下し再び駅前に出て遠州屋。それからオダキューOX寄ってマレットで休憩→またしばらくぶらぶらしてからまことやにて新メニューの塩牛肉麺。あっさりしていてかつこくがあってうまかった→帰宅してまずは牛スジ煮込みの仕込みと炊飯→O形にバトンタッチして酢飯作り、のり巻き、稲荷の手伝い→のり巻きや稲荷や鶏唐揚げをつまみながら作業しつつ、東海テレビの昼ドラ枠が土曜の夜に移動した?『火の粉』を見る。普通によくできてて面白いドラマだった。息が続けば面白いかも→夜2時過ぎ風呂→3時頃就寝。
4月3日(日) 朝7時半起床→9時半過ぎに出て、下北沢経由浜田山で降り、ぶらぶら歩いて善福寺川緑地公園へ。高円寺ちんとんしゃんの花見。女将以外お会いするのは初めての方ばかりだったが、ほとんどどなたと話しても話の内容も面白く押し付けがましくないので会話を楽しめた。また東京ガールズの高座とお座敷遊びの導きで、気持ちよく遊ばせてもらった。「熱海の海岸」でいきなりご指名を受け、するするのところで尻をまくって突き出したら受けたりなど。あとは「蒸気ゃ」「おまわりヨイヤサ」など。O形が「おまわりヨイヤサ」でくるくる回っていたのがいとおかし。最後にみんなで「ノーエ節」を歌ったのも楽しかったな。持参した酒とお重がよく売れたのもうれしかった。以下、お座敷遊びなどの覚書。

熱海の海岸(唄の節と歌詞失念)
熱海の海岸に家建てて
・・・・・
食って呑んで寝てするする

蒸気ゃ(どんどん節)
蒸気、雲の上、汽車鉄の上、雷さんは雲の上、浦島太郎は ヨヨイノヨイ(負けが亀、勝ちが浦島太郎)
猫の色事屋根の上、あたしとあなたは ヨヨイノヨイ(勝ったほうが負けたほうを抱きしめて)深〜い仲、ドンドン

おまわりヨイヤサ

ノーエ節
富士の白雪ノーエ富士の白雪ノーエ
富士のサイサイ白雪朝日でとける
とけて流れてノーエとけて流れてノーエ
とけてサイサイ流れて三島にそそぐ
三島女郎衆はノーエ三島女郎衆はノーエ
三島サイサイ女郎衆は御化粧が長い
御化粧ながけりゃノーエ御化粧ながけりゃノーエ
御化粧サイサイながけりゃ御客がおこる
御客おこればノーエ御客おこればノーエ
御客サイサイおこれば石の地蔵さん
石の地蔵さんはノーエ石の地蔵さんはノーエ
石のサイサイ地蔵さんは頭が丸い
頭丸けりゃノーエ頭丸けりゃノーエ
頭サイサイ丸けりゃからすが止まる
からす止まればノーエからす止まればノーエ
からすサイサイ止まれば娘島田
娘島田はノーエ娘島田はノーエ
娘サイサイ島田は情けでとける

金毘羅船船(ちんとんしゃんでの二次会にて)

→午後3時くらいにお開き、タクシーでちんとんしゃんに移動し二次会。このあとタップダンス教室があるのでビールだけにする。O形はちいちゃんとお絵描きして遊んでもらっていた→5時前においとまし東中野のタップダンス教室に移動。酒を控えめにしたとはいえ、さすがに最後は朦朧としてきつかったなー。レオナ先生にはおめでとうございます→久々にITOで仕上げと思ったが、予約でいっぱいでふられる。残念→経堂に戻って肉酒場EL SOLで仕上げ。店に入る直前はしゅーっと生命力がほとんどなくなりつつあったが、チョリソーや餃子食べてたら生き返った→帰宅して即就寝。
4月4日(月) 朝8時半起床、白湯、ステッパー10分。意外に元気だ→今日から始める朝ドラ『とと姉ちゃん』見る。『暮しの手帖』をモチーフにした雑誌の編集長が女性?と思ったが、創業者は女性だそうで、その女性を主人公のモデルにしたそうだ。不勉強であった。とりあえず、主題歌もドラマの手触りも心地よいし、妙な安っぽさやクセもないので、気持ちよく楽しめそうだとは思った→おとついだったかダウンロードしたフランス製のTablEditという譜面/タブ譜作成ソフトが案外使い勝手がよさそうなので(タブ化の精度は低いが、タブ譜の修正が楽)、購入することにする→購入を申し込んだら支払い後一週間くらいで登録キーを送る、と返事が来たが、PayPalで支払いしたら今日のうちに登録キーの連絡があったので、さっそく正規版をインストール→『本日嵐の涙』の未スキャン分をスキャン→あとO形が“本日の”『火の粉』を描いたので、Twitterに投稿→B電子より仕事依頼あり→TablEditでベースの譜面作ってみる。すごく簡単になったわけではないが、面白い→風呂→『牡丹と薔薇』『夕暮れて』見ながら晩→夜1時頃就寝。
4月5日(火) 朝10時起床、白湯、ステッパー10分→テツandトモ出演の『徹子の部屋』見てからB電子の仕事、と思ったが、TablEditをいじっているのが面白く、午後一杯かけてさいとうさん分と納富さん分の譜面(タブ譜付き)を作成→夕方からちょっと仕事、というか仕事の準備→結局B電子DJミキサー三機種分を二時間弱でやっつけた→風呂→晩のお供は『ロスト・イン・トランスレーション』(原題『Lost in Translation』、監督:ソフィア・コッポラ。ビル・マーレイ、スカーレット・ヨハンソン、ジョヴァンニ・リビシ。2003、米Focus Features)。スカーレット・ヨハンソンが仲里依紗みたいでよかったな→夜1時就寝。
4月6日(水) 朝8時半起床、白湯、ステッパー7分→『とと姉ちゃん』は、今のところ見てていやな気持ちになりはしないが、取り立てて面白いとか、面白くなる期待感を感じるという感じではないな。まあ今は主人公が成長してからのための仕込みの段階か→朝食後洗濯→O形と共に老父迎えに行き、まずは府中のニトリへ。老父の移転先用の家具見繕い。概ね気に入った様子→深大寺に移動し蕎麦。花見客が多い所為で、昼どきなのもあり混んでいた。もうすっかり湧水に行かなくてもよくなってしまった→サミットに寄って食料買い出し→老父を送っておいとま。あとは今週末試食と契約書類内容確認すれば、いろいろ動き出すだろう→午後2時過ぎ帰宅。昨日思い付いた『私の青空』のギターを(自分で弾くとよくわからないので)Logicに打ち込んでみる。まあいい感じか。あとは曲の進行に応じて変えていかないとな→風呂→先日途中まで見た『恋するパリのランデヴー』(原題『Un bonheur n'arrive jamais seul』、監督:ジェームズ・ユット。ソフィー・マルソー、ガッド・エルマレ、モーリス・バーセレミー、フランソワ・ベルレアン。2012、仏Pathe/)を最初から通しで。粗忽なソフィー・マルソーが可愛らしい。中年女ならではの魅力に溢れていた→『笑点特大号』の録画がなぜか開始されなかったので、慌てて手動で録画。録画しながら見ていたが、酔っ払ったので途中で寝てしまった。夜10時頃か。
4月7日(木) 朝8時起床、白湯、ステッパー9分→おつけは昨夜全部飲んでしまったが、揚げ玉を消費したいので、新たにニラと油揚のおつけ作る→午前中はメインPCの内蔵ハードディスクを整理。80GB程度の空き容量を確保。あとB電子のWATTの原稿準備→午後3時過ぎ第一稿了→DJミキサー分も戻ってきたので修正して提出→『私の青空』、間奏の入れ事(A列車)のベースラインを研究、というか結局パクり。オスカー・ピーターソン・トリオの1974年の珍しいソ連でのライブの際のニースル・ペデルセンのラインの譜面を見つけたので、Gに移調し使わせてもらった。まあこのあとアレンジはするのだが→風呂→『不夜城』(原作:馳星周、監督:李志毅。金城武、山本未來、椎名桔平、郎雄、曾志偉、永澤俊矢、周海媚、鈴木清順、修健、田口トモロヲ、谷原章介。1998、東映=アスミック・エースエンタテインメント)を久々に見たが(といっても封切り時と合わせて二回め)、金城武の台詞回しと椎名桔平がものすごい長髪でぬっと登場するところに、やはり爆笑した→夜11時頃就寝。
4月8日(金) 朝10時起床、白湯、ステッパー7分→『私の青空』、ギターを一応最後まで打ち込み(ただしAパートもBパートも同じ演奏の繰り返しなので、まだまだ改良の余地あり)、ウクレレも最初のほうだけ打ち込んでみる。いやまだまだ→夜は久々に魚ケン。桜鯛、鰤、蛍烏賊、桜鱒の刺身を堪能→あまり呑まなかったが、帰宅後眠くなる。しかしたまたまつけたTVのバラエティ番組が妙に面白く(特に馬鹿よ貴方はのファラオ)、つい見てしまう→仕事机でちょっと寝たら復活→負け代の予告カットスキャン→B電子WATT-BT第二稿提出→『私の青空』、ウクレレパートもとりあえずしまいまで打ち込む。いい感じではある→明日の準備→風呂→風呂上がりに『タモリ倶楽部』見たら酒肴ネタだったので(乾きものをレンジでチンする)、ついビールを三本飲んでしまう→朝方就寝。
4月9日(土) 朝10時起床→洗濯→昼過ぎに出て、まず老父を迎えに行き、それから高齢者住宅の食事の試食。ご飯はこわい感じでうまかったが、おかずが少ないかな(特に野菜)。老父はまあまあ満足した模様→場所を移動して契約内容の確認。どう解釈していいかわからない文言の確認が主だったが、先方もよく意味がわかっていない点がいくつかあった。あとで回答いただけるとの由。確認してよかった→入居予定の物件の周囲をちょっと散策したのち、老父宅に寄り、今後のスケジュールと廃棄予定品の確認。食器、料理用具、本などを少し引き取る→夕方5時頃においとまし、生協で買物してから帰宅。甲州街道経由にしたら少し渋滞。が、買い忘れたBD-Rを買いにドンキホーテに寄れたのでラッキー→帰宅後小腹が空いたので新福菜館のカップ麺。これは期待はずれ→S田から電話あり。珍しく長電話した→明日の準備で弁当作り。今回も牛スジ煮込みを担当。下茹でを二回に増やしたら油っぽさは減じることができたが、肉になにかパンチのようなものがなくなってしまった気もする。難しい→『夕暮れにて』終了→『火の粉』はうまいなあ。あとで気付いたが、話の中で台詞による説明がない登場人物も、よく見ると回想シーンの中で巧みにその位置付けを示されていたりする。そしてユースケ・サンタマリア、大倉孝二、優香の芝居が、ほんとうにそういう人たちの生活に見えて、とてもよい→今日届いたうめ吉のCDの何枚かがiMacで認識できず(これはCDではなくiMacの所為)、いろいろやっているうちに遅くなってしまった。夜3時過ぎ就寝。
4月10日(日) 朝8時半起床→今日のお重の最後の仕度してから風呂→10時半出発。新宿経由西武新宿線でO形実家へ→花見がてら昼食、と思ったが、結局屋内でいただくことに。よい感じに酔ったところで義兄夫妻が登場→いろいろ話しているうちにお義父さんに古い映画を見てもらおうという相談がまとまり、急遽義兄の新車に乗せてもらい電器屋へ。一万円くらいのBlu-Rayプレイヤーを購入。と、O形が掃除機も購入。義姉の力添えでどちらも一割ずつくらい負けてもらった。K's電気は言えば負けてくれるらしい→その後イオンの中の山野楽器に寄り古い名画のDVDを購入→O形実家に戻りBlu-Rayプレイヤーを設置。それからO形を残し私はおいとま、義兄夫妻に花小金井まで送ってもらう→西武線の中でうとうとしながら鷺宮へ→鷺宮から30分ほどぶらぶらしながら阿佐ヶ谷へ。次の予定(Soul玉Tokyoでの桜井芳樹セッション。テューバが高岡大祐、関島岳郎、ドラムが北川ゆう子)までまだだいぶ時間があるので、以前Yellow Visionに出演したときに一杯やったインド料理屋で一杯→6時を過ぎてもまだリハーサル中だったので古本屋を冷やかす。文庫版を手放してしまった『二笑亭綺譚』の単行本と目が合ったので購入→さてライブは、いきなりマーヴィン・ゲイ『悲しい噂』、ローランド・カーク『The Black and Crazy Blues』と続きしびれる。テューバ二本のもごもごしながらも切れよく渦巻く感じもよいし、関島岳郎のむせびなくようなリコーダーも凄かった。北川ゆう子のドラムは初めて聴いたが、軽くて柔らかくてひとつひとつの音がきれいで、それでいていつの間にかぐっと心をつかまれる何かがある。これはよいセッションだったな。再演希望→ライブ中ワイルド・ターキーのロックを頼んだら、何度も注文されるよりはということだと思うが、“大盛り”で出された(900円)。その後も大盛りで頼み続け、4杯か5杯呑んだところでずいぶん回った。ライブも後半の詳細は覚えておらず。毎度のことながら、もったいないことをした→M子ちゃんや高岡さんとちょっと話ししてからおいとま。適当に歩いているとどこにいるのかわからなくなり、結局タクシーで帰宅。
posted by aokiosamublog at 23:00| 小ネタ/思考/日記