2016年09月10日

9月まとめ(1〜10日)

9月1日(木) 朝7時起床、白湯→朝8時過ぎ出発→予定の30分前に西葛西到着。朝食摂らずに出かけたので、やしろでかき揚げ蕎麦。ここはうまいな→花き市場ではいつも通りの作業(プログラマーが助っ人の、ポケモンGO好きで大滝秀治に似た人だったので内心笑った)。掃除は午前中でほぼ終了(モニタ拭きのみ午後)。午後は待ち時間が長かったが、キーボードのLEDチェックも買い操作チェックもつつがなく。買い操作チェックの全買いだけ、伝票出しちゃいけないような感じになった。説明を求めてもよくわからなかったが、口数が多い場合は伝票出していいか確認する、ということに落ち着いたと思う→帰りは上野か浅草で銭湯と落語、または浅草ならロック座、はたまたインディアン・シティ西葛西のインド料理屋を道場破り、など考えたが、時間が微妙なのと疲れたのとで結局帰る→風呂→夜10時半就寝。
9月2日(金) 深夜か朝方に起きてなにかしたが、なにをしたか忘れた。ウクレレ練習して『浅瀬サイケ』を録音し直したかな→そのまま起きてたが、やはり何をしたか忘れた→午後新宿に出てDUGで一杯やったのち、東宝シネマズにて『シン・ゴジラ』(庵野秀明。長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、市川実日子、高良健吾、塚本晋也、柄本明、大杉漣、余貴美子、平泉成、嶋田久作。2016、東宝)見物。台詞と物語進行の速度感の塩梅と、東京の実際の町並みや現れては消えるキャプションの内容(多くは登場人物の役職紹介と兵器や作戦の名称紹介)など細部への気の引き方の設計の妙味が、何度も観たり語ったりしたくなる要因かと思った。またそれがわかれば、自分が何度も封切り公開中に劇場に足を運んで見る必要は感じないかなとも。冒頭部分の「シッポだ」「シッポ?」という台詞のやり取りと、終盤で若いふたりのいい場面を遠くから凍結されたゴジラが見守っているところは、笑いのツボにはまった。エンドロール直前にゴジラのシッポから人のようなものが生えてきているところが映し出されたが、あれは次回作への布石だろうな(次回作が撮られなくても今後の展開を示唆するなにか)。まあ面白かった→ひさびさにお多幸で一杯。どこかの国から来たのだろう女店員がとても親切で親しみやすい人柄なのがよかった。早起きだった所為か御酒二杯で酔い、おでん九種をふたりで分けたのちへしこ茶漬けで〆。新秋刀魚が入っていたが、途中で気付いたのであとの祭り→平和に電車で帰宅→帰宅後ごろりと横になり、そのまま寝てしまった。
9月3日(土) 朝8時過ぎ起床。白湯忘れ→『お菓子と娘』の自由テンポ版を思いつき、少し練習ののち録音してみる。その後ウクレレと、打ち込みのベースも足す。テンポがぬらぬらしているのでオーヴァーダビングに難儀したが、面白いものが録れた。インテンポだが小節間の間を自由に取っているように聴こえる版も録ってみたいな→終日節食したのち風呂→食後『浅瀬サイケ』ウクレレ録り直し。なかなか決まらず→深夜諦めて、渥美清の俳句詠みにスポットを当てたドキュメンタリーを見て一杯やって、朝方四時頃就寝。
9月4日(日) 朝8時過ぎ起床。白湯の代わりに昆布出汁と大豆スープ→『ギター基礎トレ365日!』という教則本とそのベース版を買ったので、とりあえず第一週めの課題を全部弾いてみる。なかなか弾けないものだ。続くかなあ。続くといいなあ→ひとまず現状をTしま君に送付→シャワー→夕方高円寺→高円寺に出るついで、“くじら”というカレー店のポークビンダルーを食べてみたくて大一市場に赴いた。ああここかと店に入って席に着いてみたら、そこは“くじら”の隣りの別の店だった。まあいいかせっかく入ったんだしといろいろ頼んで呑み喰いしてたところ、メニューにポークピンダルーがあった。おお、と思って聞いてみたら、そこは“くじら”の系列店であったという落ちがつき、当初の目的も果たせたのだった。まあ店名がWhaleだし。先に気付けよという話だ。ちなみにWhaleはいろんな国の料理を出す店で、勘定も含めて諸々まあ悪くなかったな。機会があれば裏を返そう→ちょっと迷ってU-haへ。久々の時空兄弟。いつ聴いても最高で有難い思いだが、その上本日はドラムに岡地曙裕を迎えたトリオ(さらに本日は、『社長の歌』や『時空ブルース』などよい新曲も聴けた)。岡地曙裕はブルースドラマーと称していて、もちろんその通りだと思うが、いっそのこと偉大な音楽家であると言ったほうが実態に近いのではなかろうかと、本日も実感した。満足。よい心持ちだ。

01 Love me tender
02 Blue Hawaii
03 あなたがあとからついてくる
04 ジャズ
05 細野さんと散歩
06 社長の歌
(休憩)
07 時空ブルース
08 Yeah
09 Ice sobg
10 踊り人形
11 寿司屋のブルース
12 ハレルヤ
(アンコール)
13 カエル

→お三方にご挨拶し、少し歓談してからおいとま。夢と書いてホシノと読むのドラマーもいたのでご挨拶→平和に電車で経堂に着き、オダキューOXで買物して帰宅→〆にビール呑んでそうめん食べて就寝。夜1時頃。
9月5日(月) 朝8時過ぎ起床、白湯→洗濯→ウクレレの録音、マイクで録ると楽器と服がすれる音なども入ってしまうのが気になったので、エレアコのほうを試してみる。ついでに『浅瀬サイケ』のウクレレを改良→昼過ぎSJT25→午後もウクレレ。あと基礎トレ365日を今日から本格的に始める。毎日の課題とその日の課題を重点的にやり、明日の課題を予習、というペースで続けられたらいいな→『浅瀬サイケ』はまあ完成に近づいたかな。もう少しウクレレの演奏をこなれさせたい→SJT25。都合50→風呂→初秋刀魚。刺身にて→食後寝てしまった→夜11時過ぎ起床→O形サイト更新→中学生のとき作った『春の香りつつまれて』という曲を、『古い女友達』に改題し、Aメロなどはギターのアドリブを元に改めて構成。スライドバーも使って録音してみた。まあいい感じではある。ただいわゆる“音圧を上げる”という作業に手間取る。何も知らないというだけの話ではあるが、もうちょっと簡単に行かないものかね。見方を変えれば、今のCDが音圧競争の果てに行き着いたマスタリングだから、それがなければそんなに極端な差は出ないという話なのかな? よくわからないが、まあ調整を模索するのは仕方あるまい→朝方一杯やって就寝。
9月6日(火) 昼過ぎ起床、白湯→基礎トレ365日。ギターは本日分と明日の分がいきなり難しい(私には)。左手にけっこうな疲労感→マスタリングについて少し勉強。なんとなくわかってきたかもしれないといえるような気がしないでもないが果たして→SJT40+→走りながら『モンティ・パイソン・アンド・ナウ』→風呂→『おかしな奴』→夜10時過ぎ就寝。
9月7日(水) 午前3時起床。三時間ほど、ブルース進行の曲を録音。ギターは1コーラス分のコードとソロを別々に録り切り張りし、ベースは打ち込みだがベースソロも作ってみた→朝6時就寝→朝8時半起床→老父引率。サミット、サミット前の蕎麦屋、クリーニング屋、図書館。サミット前の蕎麦屋は外れ。残念→帰りに先週新しく買ったTVを見せてもらいに部屋に少し寄ってからおいとま→生協に寄り買物。また秋刀魚を買ってしまった。今週四日連続秋刀魚と相成る→パワーラークスに寄り祝い酒を発送。金宮一升瓶三本にホッピーというのは初めてだが、なんか可笑しくてよい気がする。相手にもよるか→基礎トレ365日→SJT40+がてら『バッド・ティーチャー』→SJT40+終了後ビールと金宮酎ハイ→風呂→再び『バッド・ティーチャー』→夜11時頃就寝。
9月8日(木) 朝8時起床、白湯→『浅瀬サイケデリック』『古い女友達』『お菓子と娘』『トットトイッテクダサイ』をミックスし直し→更新履歴や楽曲情報と共にTしま君に送る。開店時間に間に合わなかった→基礎トレ365日→『モダン道中 その恋待ったなし』(野村芳太郎。高橋貞二、佐田啓二、岡田茉莉子、宇野賀世子、永井達郎、桂小金治、坂本武、花菱アチャコ、高橋とよ、稲川善一、桑野みゆき。1958、松竹)見ながらSJT40+→O形出かけたので(藤山直美の芝居見物)晩の仕度→風呂→『トプカピ』(原題『Topkapi』、原作:エリック・アンブラー、監督:ジュールス・ダッシン。メリナ・メルクーリ、ジョセフ・ダッシン、マクシミリアン・シェル、ロバート・モーレイ、ピーター・ユスティノフ、ギルス・セガール。1964、米United Artists)と『惜春鳥』(木下恵介。佐田啓二、小坂一也、川津祐介、山本豊三、石浜朗、津川雅彦、有馬稲子、伴淳三郎、藤間紫、笠智衆、十朱幸代、清川虹子、永田靖。1959、松竹)見ながら一杯。『トプカピ』はトルコが舞台だが、『モダン道中』はいきなりこの夏二泊した飯坂温泉の場面から始まり、『惜春鳥』はそのあと立ち寄って一泊した会津東山温泉が舞台であった→夜0時頃就寝。
9月9日(金) 深夜に目が覚め、5時頃いったん起床。『ロングビーチブルース』(または迎賓館ブルース)にテーマのようなものを付けようと思い、ちょっとギターを弾いてみるが、F#m−Eb9のところがパッとしないので、諦めて二度寝→朝9時起床→『ロングビーチブルース』を『アローン・イン・ロングビーチ』に改題。ガットギターの録音も試行錯誤してたらまあまあの音で録れたので提出→SJT40+、と思ったが25分でダウン。朝食以後なにも呑み喰いしてなかった所為と思われる→午睡→風呂→晩飯とビール。途中でおなかくちくなり炭水化物なしでごちそうさま→夜11時半就寝。
9月10日(土) 朝9時起床、白湯→基礎トレ365日、とりあえず本日分のみやっつけ→アダンさんで開店祝いの花を買おうと思ったらお休み。オダキューOXで調達。O形が先に出てアダンで待ち合わせたのに、私のほうが先に着いたので笑った→いったん新宿に出て江ノ島行きロマンスカーに乗車。藤沢まで一時間かからないのだが、崎陽軒のシウマイとビールでせめてもの旅気分を味わう→藤沢で乗り換え大磯。なかなかよい雰囲気の駅前。A間さんと待ち合わせ、Tしま君とAやさんのAT GALLERY N' CAFEを開店祝いで訪問。店内はそんなに広くないが、明るくてよい雰囲気。ゆっくりビールを呑んでいると、近在のアート好きそうな妙齢の美人が幾人か訪れていた。お客が定着するといいなと思う→海まで歩いて五六分とのことなので散歩。ひさびさに素足で浜辺を歩き、足だけでも海に浸かってみる。心地よい→いったん店に戻って晩によい店を教えてもらい、10分ほど歩いて国道一号沿いのたまや食堂へ。刺身盛り合わせは正直“バカになるほど”ではなかったが、追加で頼んだスズキの刺身はなかなか。お値打ちではある。冷や奴の絹ごし豆腐はかなりよく、秋刀魚塩焼きもうまかった。あと意外だったのがいりこだしのラーメン。食堂メニューで呑んで〆にこれ、でもよいな→てくてく20分ほど歩いて大磯駅。往路と同じく藤沢で小田急線に乗り換え。疲れと満腹感と酔いでぐったりして帰る→千歳船橋より平和に歩いて帰宅。風呂。就寝。O形に足つぼを揉んでもらい、さらにお灸を据えてもらったら、かなり疲れが取れた。夜0時頃就寝。
posted by aokiosamublog at 23:00| 小ネタ/思考/日記