2016年10月31日

10月まとめ(21〜31日)

10月21日(金) 朝7時起床、白湯→北千住にて金継教室。背高片口の再仕上げ、新たに割れた椀の蓋の接着、ちんとんしゃんぐい飲みの掃除。背高片口の最仕上げは内側の仕上げ線をどれだけ細くきれいに描けるかの練習のつもりだったが、まあまあ今まででは一番よくできた気がする→朝日軒で一杯。途中から鳥渡氏、Sげちゃん合流→奈可多”楼に顔出したらビール出してくれたので少し長居。久々にMりさんにもお会いできよかった→少しいい気分で帰宅。帰りの電車は唐木田行きに座れたのでうとうとしながら→帰宅後即就寝→二時間ほど寝てまた一杯→ヤフオク!で買った(誰も入札しなかったので競り落としたのではない)ベリンガーのディストーション/フィードバック・エフェクターを試奏。ギター側の発音タイミングなどにより意図していないフィードバック音が出る(高音弦を弾いてから踏み込んでも変な合成音くさい低い音が出るとか)という難点はあるが、それは恐らく仕様だろう。動作には問題なし→食後また就寝。夜0時前。この日も8519歩/6.65km/321.4kcal歩いた。
10月22日(土) 朝11時起床、白湯→ギター弾いたりウクレレ弾いたりしながらなんとなく過ごす→午後、三日ぶりにSJT70++(10分増し)。お供は嵐寛寿郎主演の『鳥人』(丸根賛太郎。嵐寛壽郎、大国一公、香川良介、月宮乙女、市川春代、岩田直二、藤川三之祐、高橋正夫、沢村国太郎。1940、日活)だが、史実にちょっと脚色が過ぎるが面白いなあと見ていたら、最後は取って付けたような戦争賛美で終わった。時代からして仕方ないのだろう。取って付けたような感じは、敢えての反抗だろうか。穿ち過ぎか→風呂→『家政婦のミタゾノ』、少しく安易な作りかな。最後まで見てみないとわからないが、最後まで見るかなー→『夏目漱石の妻』、私の心の中の大塚楠緒子は壇蜜では断じてない。もっともそれは壇蜜の所為ではなかろう。鏡子像は納得の行く形で塗り替えられたような気がする→食後すぐ眠くなったが、なんとなくギターで『ギターを持った渡り鳥』『帰れない二人』『三時の子守唄』などを弾いて夜更かし→夜1時頃就寝。
10月23日(日) 朝9時起床、白湯→洗濯→床掃除→午前中、久々に基礎トレ365日。ギターのみだが、先週丸一週間さぼった「メジャー・スケールの7ポジション」を駆け足でクリア。しかしこれはまた繰り返さねばなるまい。来週の予習もするが、「指の独立性を鍛えるトレーニング」は一週間でマスターするのは無理だし、一週間だけやっても意味ないなあ(前々週の「ハンマリング&プリング特訓!」もそうだった)。これはこれで並行してやりつつ、先に進めるか→『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別編』(山田洋次。渥美清、吉岡秀隆、浅丘ルリ子、倍賞千恵子、下絛正巳、三崎千恵子、前田吟、太宰久雄、笠智衆、佐藤蛾次郎、江藤潤、金城富美江、北山雅康、城山美佳子。1997、松竹)見ながらSJT70++。90分か二時間くらいは余裕で行けそうな気がしてきた→その他失念。
10月24日(月) 朝9時起床、白湯→『萬花地獄』(原作:吉川英治、監督:安達伸生。進藤英太郎、嵐徳三郎、萩町子、本間謙太郎、上田寛、大洲章三、水原洋一、市川春代、嵐寛寿郎、羅門光三郎。1951、大映)見ながら簡単な筋トレ(スクワット、腕立て伏せ、プランク50秒)→夕方歩いて用賀→青葉台駅前で本日合流するOの誕生祝いの小さい花束を買い、歩いてS宅へ。途中東急ストアと干物屋で本日の酒・酒肴を購入→大変な状況は聞いていたが、その後の推移には少し安心した。いろいろ話せてよかった。詳細の大半は呑み過ぎて忘れてしまったが。ご母堂も、私が見た限りではお元気そうでなにより→夜11時頃おいとましタクシーで駅に向かうが、駅に着く直前にiPhoneを忘れてきたことを知らせてもらい、Oを見送って私だけS田宅に戻りまた駅へ。そこから先はなんだかよくわからず、多分中央林間駅で終電なくしたと思い込み(じっさいはあったかもしれない)、タクシーで本厚木へ。思わぬ散在→予約しておいたカプセルホテルに入り即就寝。夜1時頃。
10月25日(火) 朝8時半起床、宿酔い→駅前でB電子一行と落ち会い、タクシーでP社倉庫へ。終日シール貼りのアルバイト。最初は少し苦戦したが、途中からひとりが先行して箱詰めを始め、次に私が箱詰めの最中に次の箱を開けて中身を出すという流れができてからは、なんだか妙なるグルーブ感が生まれ、ものすごく効率が上がった(午前中の二時間では11箱しか処理できなかったのが、午後は一時間四十五分くらいで16箱というペースになった)。途中のバカ話も楽しく、夕方五時丁度にノルマ達成。よい仕事になったと思う→本厚木駅前の磯丸水産で軽く一杯やってから、折よくやってきた急行に乗って経堂へ(成城学園前で乗り換えねばならなかったが)→某所にて某人気噺家独演会。あんまり広めたくないということなので伏せておくが、演目は『錦の袈裟』と『ぺたりこん』(これでわかってしまうか)。非常に楽しかったが、その某所では初めての会とあって、少しく手探り感は感じた。でも気になるほどではない→某所常連は近場に流れるとのことだったが、くたびれたので夢亀ラーメンでラーメン食べて帰宅。帰宅後即就寝。多分夜10時過ぎ。
10月26日(水) 朝8時起床、白湯代わりに出汁でカレースープおろし生姜入りをでっち上げて暖まる→シャワー→老父付き添い。初のサン・マルク調布深大寺で昼ののち(ここは悪くはないが店員がみな素人っぽくて少々落ち着かなかった)サミット、そしてクリエイトとひと回り。私はiPhoneの電源アダプターをカプセルホテルで失くしてしまったようなので、サミットの二階の電器屋で代わりを購入→帰宅し基礎トレ365日(ギターのみ)。ベースはまったく続いていない→『慕情の河』(原作:中山正男、監督:島耕二。鶴田浩二、若尾文子、川口浩、八潮悠子、潮万太郎、杉田康、見明凡太朗。1957、大映)見ながらSJT70++。若尾文子の可愛さを心行くまで堪能→風呂→『浪曲映画 紺屋高尾』(原作:峰銀平、監督:志波西果。上田吉二郎、五月信子、谷幹一。1935、太秦発声映画)見ながら晩餐、食休みののち、負け代原稿スキャン→夜2時頃就寝。
10月27日(木) 朝8時半起床、白湯→洗濯→基礎トレ365日(ギター)。今週の課題の「指の独立性を鍛えるトレーニング」を月曜から今日までの分と、Cメジャースケール二週分を主に練習→ブログの日記の更新を怠っていたので、五月分から十月中旬分をまとめて登録→昼からまず上野へ。蓮玉庵で蕎麦手繰ってから十三やで柘植の櫛を受け取り→ガード下の乾物屋でいろいろ買い、次いでアメリカ屋で501ワンウォッシュ購入→文化会館外の喫茶店でひと休み→時間つぶしに西洋美術館の常設展見物。中世の写実的な肖像画や宗教画に惹かれないのは、人間の目が一瞬で捉える以上の情報が過剰に描かれているからかなとなんとなく思った。20世紀初頭くらいの、絵を構成する要素の省略が作家性を生ぜしめるようになってきた絵が一番好きかなと再認識。でもほんとうにそうかはよくわからない。この日印象に残ったはのは、ギュスターブ・ドレ『ラ・シエスタ、スペインの思い出』(陰影の描写がコラージュのような効果を生んでいるように思った)、エドゥアール・マネ『ブラン氏の肖像』(ブラン氏の佇まいがなんだか面白い)、アンドレアス・リッツォス『イコン:神の御座を伴うキリスト昇天』(デザインの面白さ)、マリー=ガブリエル・カペ『自画像』(22歳の乙女の自信たっぷりな感じがよい)など。あとよく見てると意外に手を抜いている部分(よい意味か悪い意味かはわからない)がある絵があるのを発見したのも面白かったな→アメリカ屋に戻って裾上げした501を受け取り、先の乾物屋で銀杏を追加購入してから、御徒町より阿佐ヶ谷へ→阿佐ヶ谷アニメストリートにて、みなまるこさんが所属(主宰?)するスタジオ四次元ボーヤの『発明家ドンちゃんお披露目会』を見物。『発明家ドンちゃん』の前にいくつか他の作品の上映を見たが、やまときょうこ『ちびくろうんこ』(子供の作った話で子供がナレーションを担当)、以前も見た妖怪班『もののけ ひとつき』(以前見たときは文句をつけたくなるところが多かった気がしたが、今回は面白いと思った箇所が多く、すーっと楽しめた)、『SAIGO』(懐中電灯による光のアニメーション。トーチカ『光のアニメーション』も見事だったが、こちらのほうが笑いがあって好みだった)、やたみほ『恋の急展開
』(編み物によるアニメーション。その労力だけで感心)、くま班『森のなかの大きないえ』(原作からかなり端折ったような印象で話は物足りなかったが、絵造りの力に感心)が印象に残った→高円寺まで歩き、kyoyaでステーキ。店のご夫妻ともいろいろ話せて楽しく過ごした→ひさびさに鳥渡に寄って一杯やって(ライ・ウィスキーを四杯)、若者が喧しくなってきたので退散→平和に電車で帰宅。この日は13906歩/10.7km/524.7kcalほど歩いた。帰宅後即就寝。
10月28日(金) 朝10時半起床。ほうじ茶が入れてあったので(多分昨晩)、白湯の代わりに→くたびれたので散歩取材は明日にしてさぼる→基礎トレ365日(ギター)→片岡千恵蔵の『一心太助』(稲垣浩。片岡千恵蔵、津守精一、衣笠淳子、香川良介、市川小文治、瀬川路三郎、山本嘉一。1930、日活)見ながらSJT30+→風呂→『京洛五人男』(大曾根辰保。永田光男、山路義人、田村高廣、大河内傳次郎、小山明子、高田浩吉、伊吹友木子、瑳峨三智子、市川小太夫、近衛十四郎、中村賀津雄、森美樹、浅茅しのぶ、松本幸四郎、高村俊郎、山田五十鈴、。1956、松竹)→0時前就寝。
10月29日(土) 朝9時過ぎ起床、白湯→基礎トレ365日。ギターの今週分の課題は全部やったが、弾けない箇所多し→昼頃出発、まずはJazzKeirinで昼。ジョー・バターン招いたM田さんにお会いしたのでごあいさつ。T野さんも元気そうでなにより→電車で芦花公園に移動→午後2時半、散歩取材開始。いいペースで歩くが、芦花公園をひと回りしたところですでに一時間半。こりゃ間に合わないかなと思ったが、祖師谷公園からはただ歩くだけだったので、一応全部回れた(成城学園の池は省いた)。哲士寮がすでに取り壊されていたのと、芦花公園の桜の丘が立ち入り禁止になっていたのは残念→結局3時間くらい歩いたので、23211歩/17.8km/875.8kcalという運動量になった→増田屋で一杯。小沢征爾の書き込みのあるカレンダーを撮影しているお客がいたが、なんだか無邪気な感じで可愛らしかった→経堂に移動し、さばのゆでビールに合う酒肴の会に参加。主催の女性(美容院でのマネージメントが本業)の人柄がよく、また他のお客もお上品な感じで、楽しく呑めた。楽しかったな→二時間ほど呑んでおいとま。平和に歩いて帰宅→夜10時頃就寝。
10月30日(日) 昼頃起床、風呂。体重68.3kgまで落ちる。昨夜あまり食べなかった所為もあるが、このまま67kg台を目指したい→昨日の取材の写真整理→夕方、経堂駅前で出産祝いを購入ののち東中野のタップダンス教室へ。先生に出産祝い進呈。今日は小学五年生の男の子も参加。初めてだけどさすがに飲み込みが早くてすぐに抜かれそう。今日は振付けとしては短かったが、技術はいろんな種類が組み込まれていて、たいへん勉強になった。まあ忘れなければではある→中野に移動し、以前から気にかかっていた移転後のカフェ・ハイチへ。駅から少し遠いが健在なり。とてもうれしい→平和に電車で帰宅。ハロウィンの所為でどこもかしこも人出は多かったが、特に何事もなく→風呂→録画整理して夜2時頃就寝。
10月31日(月) 朝9時起床、白湯→洗濯と出汁制作→基礎トレ365日(ギター/Cメジャースケール二週分と先週分の「指の独立性を鍛えるトレーニング」および今週分の「弦飛びピッキング」)。どんどん難しくなるなー→土曜日の取材での要確認点をまとめて編集とやり取り→『その後のウッカリ夫人とちゃっかり夫人』(春原政久。汐見洋、木村時子、久慈あさみ、佐野周二、島和子、本郷秀雄、楠トシエ、伊沢一郎、恵ミチ子、増田順二、加東大介、進藤英太郎、有田稔、沢村貞子、清水谷洋子、藤間紫。1954、東宝)。なんだか品がよくて可愛らしくてよい気持ちになる映画。シリーズ全作見たい。SJT等はさぼり→風呂→バラエティ番組(しゃべくり007)見ながら晩。昨日持ち帰ったハイチのドライカレーを酒なしで→O形サイト更新→少しギター練習→『不死鳥』(原作:川頭義郎、監督:木下恵介。田中絹代、佐田啓二、山内明、浜野肇、長船ふじ子、小杉勇、高橋豊子、黒沢昭二。1947、松竹)。田中絹代の芝居に驚愕→夜2時半頃就寝。
posted by aokiosamublog at 23:00| 小ネタ/思考/日記