2016年11月30日

11月まとめ(21〜30日)

11月21日(月) 昼頃起床。未だ咳は止まず→寝たり起きたり→風呂→夕食後、暗い歌の会の選曲ついでにレコードを何枚か聴く。聴き始める(というかかけ始める)と面白くなってくる→その勢いで、ヤフオク!で矢吹建『蒸発のブルース』シングル盤を落札、あとタワー・レコードでちあきなおみの『朝日樓』が収録された『VIrtual Concert 2003』を注文→後藤明生『ああ胸が痛い』を読んでから朝方5時頃寝たら、一時間ほどして割と大きな地震が。福島県沖を中心に津波もあったようだ(大きな被害ななかった模様)。寝床から出ぬままiPhoneでいろいろ情報を探っているうちに、とろとろとまた入眠。
11月22日(火) 昼頃起床。風邪はあと一歩で完治だが、その一歩がなかなか進まないもどかしい感じ→B電子より頼んでいたものが届く。EZISON 2スピーカーが素晴らしい→O形の新iMacの設定(WiFiとメールなど)→ビール呑みながら『物交交響樂』(原作:玉上義人 、監督:長島豊次郎。高橋貞二、逢川かほる、榊保彦、遠山文雄、笠智衆、若水絹子。1946、松竹)→続いて『今日もまたかくてありなん』(木下恵介。高橋貞二、久我美子、中村勘九郎、三國連太郎、杉田弘子、中村勘三郎、夏川静江、田村高廣、小林トシ子、小坂一也、藤美恵、藤間紫、瞳麗子、佐野周二。1959、松竹)→O形Mac設置→入眠。結果としては遅い時間の午睡となった→夜0時頃起床→『後藤明生コレクション1 前期I』読了。最後に読んだ『ある戦いの記録』など、ジャリ『超男性』を想起させる。笑った笑った。初期作品を順に全部読みたいものだ→Y中からご招待メール。ありがたくご招待いただく→朝までビール呑みながらTVの録画見て、スパゲティ食べて就寝。朝5時頃。
11月23日(水) 昼頃起床、白湯→特に何もせず→夕方、昨夕行きはぐった明月館へ。一応まあ記念日なのでカルビは上を驕る。あとは並だが、タン塩、ロース、ハラミ、レバーなど。タン塩焼き始めで店中のガスが止まり火が消えてしまったのには笑った。今更気付いたが、ここは酎ハイ濃いな。けっこう酔っ払った→帰りに内装準備中の魚ケン覗いてご挨拶。ご家族もいらした→オダキューOXで買物して帰宅→帰宅後即就寝→夜中に起きて金宮お湯割呑みながら『魚河岸帝国』(原作:宮本幹也、監督:並木鏡太郎。田崎潤、龍崎一郎、伊藤雄之助、山村聡、野上千鶴子、三島雅夫、千秋実、片山明彦、花柳小菊、三條利喜江。1952、新東宝)と『新妻の性典』(原作:小糸のぶ、監督:大庭秀雄。佐田啓二、月丘夢路、宇佐美淳。1950、松竹)。『魚河岸帝国』は意外に面白かった。山村聰の役作りがすごい→朝8時就寝。
11月24日(木) 午後3時起床。よくないね→今度はO形が風邪気味なので、朝食制作→負け代スキャン→風呂→晩飯制作→ちょうどTVでやっていた『ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣』(本多猪四郎。久保明、高橋厚子、藤木悠、土屋嘉男、大前亘、当銀長太郎、中村哲、斉藤宜丈、佐原健二、小林夕岐子。1970、東宝)見ながら晩。適当に作った映画という印象だったなー→夜0時頃就寝。
11月25日(金) 深夜3時に目が覚めて、5時頃起床→本日の暗い歌を聴く会の準備→白湯→植木屋来る→引き続き準備→午睡→矢吹建『蒸発のブルース』ようやく届いたので盤面チェック→『ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣』(本多猪四郎。久保明、高橋厚子、藤木悠、土屋嘉男、大前亘、当銀長太郎、中村哲、斉藤宜丈、佐原健二、小林夕岐子。1970、東宝)の昨日見なかった部分を。怪獣の造形も含めて特になし→風呂→夕方ちんとんしゃん。暗い歌を聴く会二回め。ちあきなみ『朝日楼』は思ったほど受けなかったかな。その分矢吹建『蒸発のブルース』が受けて、5、6回かかった。終盤にいらした映画プロデューサーのO笠原と意気投合し(と私は思った)、松田晴世という人のことも教えてもらって(レコードも貸していただいた)、とても楽しい6時間だった。長っ尻。しかもひじきの煮付けひとつでお銚子10本近く呑んだ気がする→タクシーで帰宅。ドミノピザの辺りで降りてぶらぶら歩いて帰る→帰宅後、途中で買った即席蕎麦を食べる気力がなくなり、即就寝。
11月26日(土) ほとんど食べずに呑んでた所為かけっこうな宿酔い。腹痛中心。本日予定していたA澤さん宅訪問、泣く泣く失敬する→終日横臥→午後起き出し昨夜食べなかった即席蕎麦→録画整理や来週予定の取材の準備など→深夜から朝方にかけて復活。金宮お湯割など→朝方就寝。
11月27日(日) 午後3時起床、レモン生姜湯→風呂→『笑点』見ながら呑み始め、『大草原の渡り鳥』(原作:原健三郎、監督:斎藤武市。小林旭、江木俊夫、宍戸錠、木浦佑三、佐々木孝丸、白木マリ、浅丘ルリ子、木下雅弘、相馬幸子、弘松三郎、金子信雄、南田洋子、垂水悟郎。1960、日活)も見つつ、夜10時には店仕舞して就寝。いつもの小林旭の素っ頓狂な民謡(アキラのソーラン節)に加え、松岡ユキという人が歌ってた『メチャクチャの歌』(作詞作曲:遠藤実)が面白かったな。
11月28日(月) 深夜起床。松田晴世が出ているというので手許にある『翔べ! 必殺うらごろし』の第13話見る(最初に第1話、2話も見た)。けっこうしっかりした役で出てたし、『般若心経』が挿入歌としてばっちり流れていたし、この回用に作ったと思しき“哥”と演奏も聴けた。灯台下暗し→朝方就寝→午前11時起床、レモン生姜湯→昼は久々にしらかめで一杯。大晦日の蕎麦の注文はまだ始めていなかった→T新聞の取材手伝いは二転三転し、結局水曜日に二件だけとなった。それなら行く必要もないかなと思ったが、行って欲しいとのことなので予定通り出かけることにする→『黄金の野郎ども』(江崎実生。石原裕次郎、原良子、名和宏、二本柳寛、郷えい治、玉川伊佐男、藤竜也、富田仲次郎、宍戸錠、二谷英明、広瀬みさ。1967、日活)と『足にさわった女』(原作:澤田撫松、監督:市川崑。越路吹雪、池部良、村上冬樹、山村聡、見明凡太朗、藤原釜足、伊藤雄之助、三好栄子、沢村貞子、加東大介、岡田茉莉子。1952、東宝)見ながら晩→O形が短いものを見たいというので、ついでに『有難や節 あゝ有難や有難や』を再見→夜0時頃就寝。
11月29日(火) 午前4時頃起床。録画整理など→朝7時頃就寝→午前11時半起床、白湯→風呂→昼過ぎ原宿に出て、明日の取材の予習。まずはBLAKESで昼にして、それから北参道経由で明治神宮。このコースだと、拝殿の北東に位置する林の中の道を抜けることになり、なかなか楽しい。南鳥居から原宿駅前に出て、カーサモーツァルトの外観を眺め、表参道の反対側に渡り表参道ヒルズの外観を改めて見物。表参道ヒルズでお手洗いを借りてひと休みののち、裏手に回って北上して渋谷区ケアコミュニティ原宿の丘の場所を確認し、とりあえず予習は終了→青山のほうに足を延ばしヨックモックでA澤家へのお詫びの品を送る→青山通りをぶらぶら下ってヒカリエ内の文房具屋でメモパッドを購入。RHODIAのお目当てのものが置いてなかったので、類似メーカーのものにした→ドレスにてO形と落ち合う。あとから来たお客が頼んだビーフストロガノフがうまそうだったので追加で注文。M谷家はとりあえず全員退院したとのこと。生まれたばかりの下のお子さんがまだ心配な様子だが、すくすく育つことを祈る→恵比寿まで歩いてリキッドルームでスカパラ。ゲストにマルシアとEmicida。ブラジルと日本の交流事業の一環とのこと。マルシアの『りんご追分』とステージさばきや通訳が素晴らしかった→S井真理も来てたので少しお喋り。帰りはくたびれたので挨拶抜きで帰ってしまい失敬した→再びドレスまで歩いて一杯、と思ったらK藤J子さんがいらしてて、お喋りに花が咲く→一緒に井の頭線と小田急線で平和に帰宅→こちらはひと足先に経堂で降り、魚ケン覗くがすでに閉店。カップヌードル買って家に帰ってすすって寝る。夜1時頃。ずいぶん歩いた。記録では(ライブ中に踊ったり跳ねたりも含めて)21248歩/16.3km/801.7kcal。
11月30日(水) 朝10時起床、白湯→一年前にF式氏宅でご一緒した音楽家の女性の訃報を知る。まだ若い。やりきれないな→風呂→少し早めに出て、ライター嬢と待ち合わせの前に明治神宮をひと回りし、GR-Dでも撮影(広角で撮ったほうがよい絵もあったので)→その後ライター嬢と落ち会い、社務所で取材開始。明治神宮といえば明治天皇を祀った神社だから普段参拝するには多少の抵抗感があるわけだが(私にとっては神様じゃないし)、創建前後からの内苑造営に関する話や鳥居に関するは面白かった。思いがけず御苑の取材もできた(その分、最終形に対して情報量が多過ぎることになったか)→明治神宮の取材に時間がかかり、遅刻してカーサモーツァルトへ。ここでも、ここだけで数ページ分の記事がかけるだけの取材を行う。いろいろ謎に思っていた部分も聞けたが、その辺はイラスト地図のコメントには不要か→取材をつつがなく終え、代々木八幡までぶらぶら歩いてリトル・ナップ・コーヒースタンドで休憩。ここまでで13919歩/10.7km/525.2kcal。今日もまあまあ歩いた→経堂に戻り移転後の魚ケン(二日め)で尾形と落ち会い、お祝い兼ねて飲酒(お祝いなにも用意しなかったので、お釣りをとっといてもらった)。新しいのに落ち着く内装になっていてよかった。路地、一階というのも入りやすくてよい。混み具合にもよるが、気楽に一杯とか、ご飯だけとかでもふらっと寄れそうだ。そうなったらいいな→帰宅しうとうとしたあと本日の取材のまとめ。まとめたり事実確認し始めるとやはり徹底的にやってしまうな。まあ仕方あるまい→『笑点特大号』見て就寝。タンバリンマスター ゴンゾーってのが可笑しかったな。午前4時頃。
posted by aokiosamublog at 23:00| 小ネタ/思考/日記