2017年05月20日

5月まとめ(11〜20日)

5月11日(木) 朝6時半起床、ジャスミン米重湯の出汁割り→B電子から補助金申請書作成の仕事来たので下準備→夕方昭島。サニィラウンジの「F式食堂」なるイベントを覗きに。宝井一凛の講談による前説・司会とスーマーのライブ、そしてF式おつまみ。心地よく楽しい一夜だった。ライブ時の音響が思ったよりいいのに驚いた(Classic Proのスピーカーだったが)→平和に電車で帰宅→夜1時頃就寝。
5月12日(金) 朝9時起床、軽い宿酔い、白湯→昼過ぎ風呂→特になにもしないまま歩いて用賀へ→宮前平・一寸棒で一杯。Tしま君、B電子合流。蕎麦がなかなか出て来なくてスタジオには遅刻→東ハイ練習。既存曲だけとはいえドラムはほぼすべてその場で考えながら即興で決めて行ったので、その緊張感もありつつ、それが却って全体をうまくまとめる役になったかなあ、という印象。撮影したものを見たらまた印象は変わるだろうし、このいい感じが本番でどうなるかは未だ未知数だが→鉄ノ四で肉焼いて一杯→平和に電車で帰宅→帰途も用賀から歩き。往復で九千歩ちょっと→帰宅後シャワーと水風呂→夜0時前就寝。
5月13日(土) 朝7時半起床、白湯→断食用スープ製作→『In My Life』のドラムを整理のため打ち込み→一応断食のつもりだったが、昼から休憩挟みつつ延々呑んでいた→『何もかも狂ってやがる』(若杉光夫。坂下文夫、寺田誠、高野由美、吉行和子、宮崎準、金川高司、大森義夫、梅野泰靖、葵真木子、佐野浅夫、信欣三、椎名伸枝、松下達夫、大滝秀治、大町文夫。1962、日活)→『乾杯! 女学生』(井上梅次。雪村いづみ、水の江滝子、沢村貞子、夏川静江、南風洋子、千秋実、井波静子、谷口香、内海突破、宇田勝太郎、中山昭二、レイモンド・コンデ、高田稔、久保菜穂子。1954、新東宝)。雪村いづみの可愛らしさに脱帽。映画自体も可愛らしかった→就寝時間失念。
5月14日(日) 深夜起床、『In My Life』のドラム整理作業→朝方就寝→朝10時起床→『In My Life』のドラム完成→昼過ぎから飲酒。金宮酎ハイを作るつもりが菊正宗上撰を注いでしまい憮然→夕方ゆめかめラーメンに行くつもりが時間配分を間違えてお腹クチクなり午睡→結局ピザ取ることに(申し訳ない)。せめてもと思い、ジャガイモとニンジンのクミンシード炒めを製作→茅ヶ崎行きまで一ヶ月あるのに、力を入れて食事や飲酒処について調べてしまった→6/4ダブルブッキング発覚。レオナ先生のほうにごめんなさいし、5/28のライブに伺うことにする→夜1時過ぎ就寝。
5月15日(月) 朝8時半起床、白湯。返しが切れてたので製作→『不良番長 どぶ鼠作戦』(野田幸男。梅宮辰夫、谷隼人、鈴木ヤスシ、長沢純、中田ダイマル、中田ラケット、沢田浩二、京唄子、葉山良二、曽根晴美、富田仲次郎、山城新伍、由利徹、須賀不二男、賀川雪絵、藤江リカ、英美枝、上田吉二郎、笠置シヅ子、南弘子、小林千枝、鳳啓助。1969、東映)→続けて『喜劇 トルコ風呂王将戦』 (渡辺祐介。山城新伍、菅原文太、瞳麗子、三島ゆり子、岡八郎、小林千枝、潮健児、京唄子、丸平峰子、谷村昌彦、大原麗子、集三枝子、北村英三、鳳啓助、西川きよし、由利徹。1971、東映)。いい加減に作っているようで、なんか意外にいい映画だった→『不良番長 王手飛車』(内藤誠。梅宮辰夫、谷隼人、鈴木ヤスシ、神太郎、長沢純、由利徹、夏珠美、小林千枝、人見きよし、安部徹、菅原文太、渡辺文雄、山城新伍、榊原史子、団巌、大泉滉。1970、東映)→『旗本退屈男』 (原作:佐々木味津三、監督:松田定次。市川右太衛門、進藤英太郎、南郷京之助、片岡栄二郎、中村錦之助、桜町弘子、伊東亮英、徳大寺伸、大川橋蔵、月形龍之介、薄田研二、柳永二郎、山形勲、植木千恵、千原しのぶ、丘さとみ、浦里はるみ、花柳小菊、原健策、東千代之介、北大路欣也、片岡千恵蔵、大川恵子、横山エンタツ、杉狂児、長谷川裕見子、大友柳太朗、花園ひろみ、大河内傳次郎、尾上鯉之助。1958、東映)→就寝時間失念。
5月16日(火) 深夜起床し、O形サイト更新(トップ画像と絵日記)→『旗本退屈男』復習してから『座頭市物語』見て就寝→昼前起床→B電子申請書の書き換え案検討。ざっくり書いて送付→風呂→久々に吉田カレー→歩いて阿佐ヶ谷に出てSOUL玉Tokyoにて華村灰太郎カルテット。初めて聴いたが、コントラバスの今福知己が全体を率いているのかな、その率い方が音楽的に素晴らしかったのが印象的だった。もう少し続けて聴いてみたい→適度に呑んでおいとま。平和に電車で帰宅。
5月17日(水) 朝10時起床、白湯、シャワー→散髪。店に着いたとたん催してお手洗い借りる。少し恥ずかしい。本日は軽い宿酔いのため、御酒は遠慮した→移転後の中西の場所確認→7月で閉めるという青山アンデルセンで昼。ここは勘定高いのを失念していて、ちょいと反省→紀伊国屋で買物。所望していた豆がなかったので、レンズ豆と大豆の打ち豆で代用することにした。バスマティ米も入手→帰途の小田急線内でM木ノ子にばったり→オオゼキで鯖などを買って帰宅。本日(も)インド料理を作る→風呂→ケララフィッシュ、サンバル、ラッサムの三種とジャガイモクミンシード炒め、あとスパイス使ってないものも食べたいのでオクラとわかめとオイルサーディンのサラダを作る。ご飯はタイ米が余ってたので押し麦で水増しして炊いた。本日は五時間も調理していた。バカだ→食事は一時間半ほどで終え、その後録画整理。O形がお腹痛いと言ってたので五分粥製作→『女番長 野良猫ロック』(長谷部安春。和田アキ子、藤竜也、梶芽衣子、范文雀、久万里由香、十勝花子、島津ゆう子、大橋由香、柳美樹、小磯マリ、モップス、和田浩治、中丸忠雄、睦五郎、ケン・サンダース、オリーブ、オックス、アンドレ・カンドレ。1970、日活)→『代診日記』(小谷剛。浦辺粂子、三保まり子、三角八郎、仁木多鶴子、見明凡太朗、橘喜久子、毛利充宏、田宮二郎、中条静夫、南左斗子、星ひかる。1959、大映)半分ほど見て、朝8時頃就寝。
5月18日(木) 朝11時起床、白湯→甥っ子より就職祝いの返礼届く。なかなかきちんとしていて何より→O形腹痛続くので、晩のおみおつけを大量に作成、それとお粥でお腹を休めてもらおうという計画→とつぜんひどい雨もよいになったので、早めに出て蕎麦屋に寄るのを止しにして、B電子の原稿(乾電池電源ユニット)書く。一時間以内で完了→雨を避けて遅く出て、宮前平の蕎麦屋はあきらめスタジオ横のウエイティングバー(すき家)で一杯→東ハイの演奏は相当地に足が着いてきた気がしたが、果たして(翌日演奏動画を見たら、リズムは全体に落ち着いたが細かい部分はまだまだであった。弾くなといったパートでギター弾いてるし)→B電子とのみ一杯。蕎麦屋隣りの寿司屋、なかなかよかった。酒も菊正の樽あり。ご馳走になってしまった→平和に電車で帰宅。帰途は徒歩→シャワー浴びて夜0時頃就寝。
5月19日(金) 朝9時起床、白湯→昨夜寿司をご馳走になったので、B電子原稿におまけの一文を書いて無償提供する→夕方しらかめで一杯→ピーコックと河内家と金物屋で買物して帰宅→午睡→風呂→深夜『新・座頭市I』二話分見ながら一杯→朝方就寝。
5月20日(土) 午前11時過ぎ起床、夏みかん→昼から3〜4時間ほどかけて、マドラスビーフ(牛スジ、筍)、ラッサム、ニンジンのポリヤル、水菜とオクラとオイルサーディンのサラダを製作→調理で汗かいたので風呂→『海の情事に賭けろ』(野口博志。中原早苗、赤木圭一郎、深江章喜、近藤宏、笹森礼子。南田洋子、高品格、郷えい治、三島雅夫、高野由美。1960、日活)。赤城圭一郎のひとり二役など面白かったが、題名の「情事」が意味不明であった→『野獣を消せ』(長谷部安春。吉岡まり、藤竜也、尾藤イサオ、川地民夫、集三枝子、杉山俊夫、山野俊也、渡哲也、城アキラ、藤本三重子、長弘、鶴丸睦彦、清水将夫、雪丘恵介、山根久幸。1969、日活)。藤竜也の役柄や芝居が『女番長 野良猫ロック』と同じだなあと思ってたら、ほぼ同じ時期、同じ監督の作品だった。でもそれでいいのか→『アメリカン・パイパイ ようこそ美乳天国へ』(原題『Deep in the Valley』、監督:クリスチャン・フォルテ。クリストファー・マクドナルド、デニス・リチャーズ、ケイト・アルブレヒト、ビアンカ・ソト、レイチェル・スペクター、クリス・プラット、ブレンダン・ハインズ、シャーロット・ソルト、スコット・カーン、トレイシー・モーガン。2009、米IM Global)。バカ映画。愛おしい→『底抜け忍術合戦』 (原作:小野田勇、監督:斎藤寅次郎。益田キートン、三木のり平、環三千世、汐風享子、八波むと志、朝雲照代、小原新二、桜井園子、富松千代志、ミヤコ蝶々、南都雄二、千原万紀子、トニー谷、東光男。1958、東宝)。三木のり平にしてみたら適当にやっつけた(と表向きには言う)だろう映画だと思うが、それでもじゅうぶん面白い。八波むと志が主役級に出番が多い映画は、私はこれが初めてかな→朝方就寝。
posted by aokiosamublog at 23:00| 小ネタ/思考/日記